pomera

2012.05.20

pomera DM100を購入するかどうか‥‥‥

もう完全にTwittterとFacebookに移行してしまって,ブログを書くモティベーションが下がっているのですが,どうしても書きたいテーマができてしまいました(^_^;

私はpomera DM10,DM20を入手し,使用してきました。DM10はコンセプトはよかったものの荒削りで使用するにはいろいろと問題があったのですが,DM20が発売されて,それらの問題を克服されて使用に耐えるものになったと思います。特に前の職場では会議の記録を取る機会が多かったので,その際によく利用していたのですが‥‥‥

実はその時期と相前後して,iPhone,iPadが,さらには10.1inch型のMacBookAirが発売され,pomeraの出番はほとんどなくなりました。iPhoneとiPadにはBluetooth接続のキーボードを購入しましたので,pomeraでやっていたことは,これらで利用できるようになりました。

ただ,このところ,これらの組合せでは間に合わない場面に遭遇しました。まず,海外出張時の飛行機内。昨年の出張時にはちょうど原稿の締切と重なってしまい,機内で原稿作成と推敲をしていたのですが,MacBookAirではバッテリが不足することが予想され,作成し続けて途中でiPadでデータを移すこともできませんので,最初からiPadを利用しましたが,機内ということもあり,Bluetoothキーボードを使用できませんでした。これはこの組合せが十分に機能しなかった事例です。

次に,シンポジウムや研究会でメモを取る際,MacBookAirではバッテリ切れになり,結局途中からiPhoneに変更することが続きました。最初からiPad+Bluetoothキーボードでメモを取ればバッテリ切れの心配はないはずですが,この組合せを利用したことは正直なところないんですよね(^_^; というのも,MacBookAirを持参するときにはiPadをもっていきませんので。

こんな状況下で,以前から気になっていたpomera DM100の価格が下がってきています。そこで現在使用している組合せとpomera DM100を比較して,購入意欲を下げたいと思います(^_^;

上記の組合せではなく,pomera DM100の使用が想定される場面を考えることからはじめたいと思います。

pomeraは独立したデジタルメモですから,他の機器で作成した(作成中の)文書を途中から変種することには向いていません。おそらく最初から最後まで,あるいは途中まで文書を作成することが想定されていると思います。というのも,文書を持ちだす場合は,SDカードに移す,USBで接続する,Bluetoothで転送する,というワンクッションが必要になるからです。もちろん,そうやってもちだしてもいいのですが,現在,iPhone,iPadではATOK Padを利用してEvernoteのノートを閲覧・編集しているため,このワンクッションはマイナスに作用します。

つまり,pomeraが想定している利用者は,会議(やそれに類するもの)の記録を取る,文書を最初から(もちろん,ある作品やレポートの一部でもいいのですが,その最初から)作成する,ことなんでしょう。

ただ,私のこれまでのATOK Padを利用したメモの使い方は繰り返し見直して,彫琢することが多かったわけです。だとすると,pomeraで完結するならいいですが,あらゆる場所に持ち出さなければなりません。しかし,どこに行くにも持ちだすとすれば,iPhone以外にpomeraを持ちだすのか‥‥‥と思うと気が重いだけでなく,肩も重い‥‥‥

そうすると,DM100を購入するという意欲は下がるはずです‥‥‥が,そうでもないのはなぜなのか,もう少し考えないとならないですね(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.20

pomeraのその後……

AspireOneを購入して,pomeraを使う機会がなくなったということを書いてすぐに,KINGJIMがpomeraのCMをはじめ,色のバリエーションも増やしたというニュースを読みました。

う〜ん,時代はpomeraなのかな (^_^; でも,AspireOneを使っちゃうとなかなかpomeraに戻れないんですよね。ただ,pomeraは私がもっているBREEのショルダーバッグに入りますし(AspireOneは入りません),重さも1kgを切っていますし(AspireOneは1kgを越えています),電池寿命は異常に長いですし(AspireOneは6セルバッテリでも4〜5時間といったところでしょうか),……。

いいところもあるんですよね。じゃあ,なぜ戻れないのか。やっぱりDropboxの存在だと思います。これについては後日書きますが,シームレスなデータSyncの時代に入ってるのに,USB接続を手間に思えてしまうんですよね……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.18

そういえば,pomera……

AspireOneを購入して以降,pomeraを開くことはなくなってしまいました (;_;)

予想していたとおり,これまでpomeraを使っていた場面では,AspireOneを使うようになっています。pomeraはデジタルメモですが,普段使っているPCとのデータの同期に手間がかかります。デジタルの利点はデータの活用が簡便であることにあるわけですが,そのデータをSyncさせるのに手間がかかるので,どうしてもAspireOneでDropboxを利用すると,そのシームレスなデータのSyncに別の環境であることさえ,忘れてしまうほどです。

AspireOneを導入した今,pomeraがどのような場面で使用できるのかを考えてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.24

ワープロソフトとpomera

ワープロソフトは,文書を作成する3つのプロセスをごちゃごちゃにしてしまうということを書きました。

pomeraはテキストメモにしか利用できない単機能な機種です。しかし,これの利点はワープロソフトの問題として指摘した点の裏返しになります。つまり,文章を作成するという文書作成の1ステップに特化した作業を行うことができるということです。

文章を作成することと文書の体裁を整えることは同義ではありません。もちろん,まったく別物ではなく,相手に伝えたい文章であるからこそ,伝わるような体裁を考えるという点で両者はつながっています。しかし,私はこれらを分けて考えるべきであろうと常々考えています。文章を作成するということが体裁を整えるということで妨げられることをこれまでに経験してきたからです。

これらが渾然一体となって文書を作成している人たちもいますが,その人たちがどれほど体裁や文書の作成に気を使っているかを考えると,少なくtも私のまわりでは気を使っていない人が大半を占めているという現実があります。

だからこそ,pomeraは私にとって有益なツールだったのです。ですから,そうではない考えをもっている人にとってはまったく役に立たないツールということになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.20

pomeraの物珍しさ?人気?

pomeraネタが続きます。

先日ある会議にpomeraを持参しました。その会議には上席の人がいるのですが,今回話し合っているテーマから世話役になっています。

そこで,議事録を作成しなきゃならなくて,今回案件を箇条書きにしたテキストをpomeraに入れて(というよりもpomeraで入力しましたが (^_^; ),会議に臨み,それで議事録をとっていました。会議終了後,ある参加者から「それは何?」と聞かれたものの,次の会議がありましたので,詳しい話はできませんでした。

その前後,何回か別の会議でも使いましたが,同様の反応があります。

最初は,物珍しさから聞くのかなと思っていたのですが,上述の会議の参加者と後日会ったときに話してみたら,携帯性のある,それでいてキーボードサイズがある程度確保されているPCに興味があるようです。もちろん,pomeraはPCではなく,あくまでもデジタルメモ。だからその点は誤解のないように話しましたが,それでも興味は薄れていないようでした。

2万円弱で購入できることもこうした興味を支えているようです。もう少し動向をみなければなりませんが,私が考えている以上に,pomeraは人気があるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.19

Macでpomeraのマウントするには?

先日,pomeraの使用感について書きましたが,その際にMacの接続が不安定だということを書きました。しつこいようですが,pomeraはMacとの接続を動作保証されていません。そのため,以下は私の独断です (+_+)\バキッ!

microSD経由なら問題なく,データを同期することができます。ですが,USBケーブルだと認識に時間がかかるのが難点です。

しかし,接続の不安定要因としてもう1点あるのではないかという事態に遭遇しました。すでに書きましたが,pomeraではeneloopを使用しています。pomeraとeneloopの相性というか,これまでの経験から1週間に1度充電済みのものと交換するようにし,その後でUSB経由で同期をしていました。

ただ,この順序を逆にした場合,つまり,充電済みの電池に交換する前にUSB接続してみたのですが,いっこうに認識される気配がない。何度か抜き差しを繰り返してみたり,時間を置いて待ってみたりしたのですが,結局接続されませんでした。

そこで電池を交換したところ,いつもどおりしばらく待って認識されました。

ここで予想されるのは,USB接続にはある程度電池の電圧が必要だということ。USB接続はバスパワーのはずなのですが……

まあ,あくまで予想ですので,しばらくは検証を続けてみたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.09

pomeraのいいところとそうでないところ

pomeraのいいところとそうでないところ(というよりも,注意が必要なところ)を列挙してみたいと思います。

まずは,いいところ。

  • このサイズである。
    閉じると,非常に小さく,電子辞書のケースに入ってしまいます。ちなみに私が使っているのは,電子辞書のために買ったものの,少し大きかったので,使わずに置いていたケースです (^_^;
  • にもかかわらず,フルキーボードである。
    このサイズでノートパソコンとほぼ同等(と私には感じられる)キータッチができるキーボードですので,外出先でもガシガシと書くことができます。これまで出張の際の飛行機等でのメモに大いに力を発揮しています。
  • デジタルメモである。
    当たり前なのですが,デジタルテキストを生成することができるということです。議事録などを作成するときに,これでメモをとっておくと,作業がかなり短縮できます。

とりあえずは,このくらいでしょうか。で,そうではないところ。

  • Macとの相性があまりよくない。
    公式にはMacでのPCリンク(USBケーブル経由での接続)は認めていませんので,仕方がないことなのですが……。
  • MicroSDカードの書き込み・読み込みの信頼性があまりないように思える。
    これは次にあげるeneloopの問題なのかもしれませんが,これまで何度かMicroSDカードのデータがなくなりました (;_;) 内蔵メモリのデータも1回飛んだこともあります (;_;)
  • eneloopを使う場合には注意が必要。
    電源が落ちるときにそのまま作成中の文書を道連れにすることがあります(本来はバックアップ用の電池があるので,そちらがデータを保護するはずですが……)。eneloopという電池の特性でしょうが,おそらく電圧がガクッと下がるからだと勝手に推測しています。そのため,私はほとんど利用してないときでも最低1週間に1度は電池を交換するようにしています。
  • 辞書に100語しか登録できない。
    先日Macで使っているATOKのユーザ辞書を整理したのですが(それについては後日),4000語を越えていました。それほど専門的な用語ばかりを使うわけではありませんので,これほど多くの言葉を必要としませんが,それでも1000語程度は登録できるとありがたいです。
  • ファイルを探し出すのが若干手間である。
    ファイラーは修正日によるソートしか搭載してません。ですから,いわゆる「超」整理法的な管理しかできないので,とりわけMicroSDカードからファイルを探す際には手間がかかります。
  • 暗い場所では使えない。
    液晶にバックライトがありませんから,暗い場所では字が見えません。飛行機等でも読書灯がありますから,まず暗い場所で使うことは少ないのですが……。ただ,職場や家ではほぼMacを起動していますので,pomeraを使うのはそれ以外の場所になるため,必ずしも十分な明るさが確保されるわけではありません。バックライトがあれば,場所を選ばず利用することができます。

巷では8000字制限が使いにくいという評価があるようですが,私はそれほど困ったことはありません。少なくとも私はこれで大きな文書を作ることはなさそうです。なかにはPCで作成した文書をpomeraに入れて,それを修正したいという要望があるかもしれませんが,私の文書の作成方法はある程度PCで作成したら,プリントアウトして,朱筆で訂正していくというスタイルですので(これも後日書きたいと思います),8000字という制限はあまり気にならないのでしょう。

数ヶ月使ってきての感想は以上のとおりで,私自身は買ってよかったと思います。ただ,他の人にとってもそうかといえば,それは???ですけどね (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.08

実はpomeraをもっています (^_^;

昨年11月10日に発売されたpomeraですが,デジタルとアナログの間で彷徨う私だけにすでにもっています (^_^;
それも,11月10日に発注して11月12日発送,13に到着で入手していたんですね〜

到着後すぐに液晶の不具合という初期不良が判明して良品と交換してもらい,さらには先日実施されたファームウェアアップにも送り出しましたので,pomeraユーザとしてはまずまずの年季がはいっているじゃないでしょうか (+_+)\バキッ!


IXY Digital 800IS

じゃあ,いままで使う機会がないから,ブログで取り上げなかったのかというと,そういうわけでもなく,デジタルメモ帳として使っています。ただ,iPhoneみたいにカスタマイズの可能性があるわけでもなく,ただメモ帳として使うだけですから,ノートやペンを買いましたというだけの話にしかならないわけですね。

まぁ,それでも,ここでは手帳をどうしたとか,ぺんがどうだとか書いているわけですから,pomeraも書かないわけにはいかないと (^_^;

次回はpomeraを使ってて気づいた点などを書くことにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Apple | AspireOne | DMC-LX3 | GR Digital II | iPhone | LifeHack | Mac | pomera | デジカメ | 写真 | 携帯電話 | 文具 | 雑記