LifeHack

2012.05.20

pomera DM100を購入するかどうか‥‥‥

もう完全にTwittterとFacebookに移行してしまって,ブログを書くモティベーションが下がっているのですが,どうしても書きたいテーマができてしまいました(^_^;

私はpomera DM10,DM20を入手し,使用してきました。DM10はコンセプトはよかったものの荒削りで使用するにはいろいろと問題があったのですが,DM20が発売されて,それらの問題を克服されて使用に耐えるものになったと思います。特に前の職場では会議の記録を取る機会が多かったので,その際によく利用していたのですが‥‥‥

実はその時期と相前後して,iPhone,iPadが,さらには10.1inch型のMacBookAirが発売され,pomeraの出番はほとんどなくなりました。iPhoneとiPadにはBluetooth接続のキーボードを購入しましたので,pomeraでやっていたことは,これらで利用できるようになりました。

ただ,このところ,これらの組合せでは間に合わない場面に遭遇しました。まず,海外出張時の飛行機内。昨年の出張時にはちょうど原稿の締切と重なってしまい,機内で原稿作成と推敲をしていたのですが,MacBookAirではバッテリが不足することが予想され,作成し続けて途中でiPadでデータを移すこともできませんので,最初からiPadを利用しましたが,機内ということもあり,Bluetoothキーボードを使用できませんでした。これはこの組合せが十分に機能しなかった事例です。

次に,シンポジウムや研究会でメモを取る際,MacBookAirではバッテリ切れになり,結局途中からiPhoneに変更することが続きました。最初からiPad+Bluetoothキーボードでメモを取ればバッテリ切れの心配はないはずですが,この組合せを利用したことは正直なところないんですよね(^_^; というのも,MacBookAirを持参するときにはiPadをもっていきませんので。

こんな状況下で,以前から気になっていたpomera DM100の価格が下がってきています。そこで現在使用している組合せとpomera DM100を比較して,購入意欲を下げたいと思います(^_^;

上記の組合せではなく,pomera DM100の使用が想定される場面を考えることからはじめたいと思います。

pomeraは独立したデジタルメモですから,他の機器で作成した(作成中の)文書を途中から変種することには向いていません。おそらく最初から最後まで,あるいは途中まで文書を作成することが想定されていると思います。というのも,文書を持ちだす場合は,SDカードに移す,USBで接続する,Bluetoothで転送する,というワンクッションが必要になるからです。もちろん,そうやってもちだしてもいいのですが,現在,iPhone,iPadではATOK Padを利用してEvernoteのノートを閲覧・編集しているため,このワンクッションはマイナスに作用します。

つまり,pomeraが想定している利用者は,会議(やそれに類するもの)の記録を取る,文書を最初から(もちろん,ある作品やレポートの一部でもいいのですが,その最初から)作成する,ことなんでしょう。

ただ,私のこれまでのATOK Padを利用したメモの使い方は繰り返し見直して,彫琢することが多かったわけです。だとすると,pomeraで完結するならいいですが,あらゆる場所に持ち出さなければなりません。しかし,どこに行くにも持ちだすとすれば,iPhone以外にpomeraを持ちだすのか‥‥‥と思うと気が重いだけでなく,肩も重い‥‥‥

そうすると,DM100を購入するという意欲は下がるはずです‥‥‥が,そうでもないのはなぜなのか,もう少し考えないとならないですね(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.18

予定をiCal(iPhone,PC)で一元管理する

予定は一元的に管理する必要性はここで言うまでもないと思います。

その際,手帳を基準にして予定を管理するという手法もあります。デジタルよりもアナログのほうが速記性と閲覧性に優れています。ですから,手帳に一元化するという手法も考えました。

しかし,通勤にはできるかぎり荷物を減らしたいのが正直なところです。商売柄,本を持ち歩くことが多いため,できるかぎり荷物を減らす方向で考えると,iPhoneだけに予定を集約するのが妥当だということでしょう。

まぁ,このあたりはそれほど書くほどのことはなかったかもしれません(+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.18

時間管理がようやくシステム化できてきたかな‥‥

以前勤務していた大学から現在の大学に異動してきてようやく2年が経とうとしてます。

2年間で一番苦労したのは,時間管理がこれまでとは違った仕方で行わなければならなくなったことです。というのも,通勤時間が往復で2時間取られるだけでなく,授業コマ数も増え,さらには研究会など外部での活動が圧倒的に多くなりました。

もちろん,研究会などの活動は私自身にとって新たな知見に触れることができる貴重な機会ですから,その点は異動のメリットとして受け入れるべきでしょうが,通勤時間や授業コマ数の増加はデメリットでしょう。

このデメリットを最小限にとどめるために時間を管理する必要がありましたが,そのシステム化には時間がかかりました。

従来は時間をそれほど意識せず,タスク管理だけで乗り切れたのですが,それに時間という軸を入れなければ仕事の先送りばかりが生じてしまうことになります。

そこでいろいろと試行錯誤した点を箇条書きにします。


  • 予定はiCal(iPhone,PC)で一元管理する

  • A5システム手帳で週間予定を見通し,タスクを落とし込んでいく

  • タスクはOmniFocusでGTDを行い,測量野帳で日々のタスクをリスト化する


といったところでしょうか。これらについて次回以降書いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Apple | AspireOne | DMC-LX3 | GR Digital II | iPhone | LifeHack | Mac | pomera | デジカメ | 写真 | 携帯電話 | 文具 | 雑記