文具

2012.05.20

pomera DM100を購入するかどうか‥‥‥

もう完全にTwittterとFacebookに移行してしまって,ブログを書くモティベーションが下がっているのですが,どうしても書きたいテーマができてしまいました(^_^;

私はpomera DM10,DM20を入手し,使用してきました。DM10はコンセプトはよかったものの荒削りで使用するにはいろいろと問題があったのですが,DM20が発売されて,それらの問題を克服されて使用に耐えるものになったと思います。特に前の職場では会議の記録を取る機会が多かったので,その際によく利用していたのですが‥‥‥

実はその時期と相前後して,iPhone,iPadが,さらには10.1inch型のMacBookAirが発売され,pomeraの出番はほとんどなくなりました。iPhoneとiPadにはBluetooth接続のキーボードを購入しましたので,pomeraでやっていたことは,これらで利用できるようになりました。

ただ,このところ,これらの組合せでは間に合わない場面に遭遇しました。まず,海外出張時の飛行機内。昨年の出張時にはちょうど原稿の締切と重なってしまい,機内で原稿作成と推敲をしていたのですが,MacBookAirではバッテリが不足することが予想され,作成し続けて途中でiPadでデータを移すこともできませんので,最初からiPadを利用しましたが,機内ということもあり,Bluetoothキーボードを使用できませんでした。これはこの組合せが十分に機能しなかった事例です。

次に,シンポジウムや研究会でメモを取る際,MacBookAirではバッテリ切れになり,結局途中からiPhoneに変更することが続きました。最初からiPad+Bluetoothキーボードでメモを取ればバッテリ切れの心配はないはずですが,この組合せを利用したことは正直なところないんですよね(^_^; というのも,MacBookAirを持参するときにはiPadをもっていきませんので。

こんな状況下で,以前から気になっていたpomera DM100の価格が下がってきています。そこで現在使用している組合せとpomera DM100を比較して,購入意欲を下げたいと思います(^_^;

上記の組合せではなく,pomera DM100の使用が想定される場面を考えることからはじめたいと思います。

pomeraは独立したデジタルメモですから,他の機器で作成した(作成中の)文書を途中から変種することには向いていません。おそらく最初から最後まで,あるいは途中まで文書を作成することが想定されていると思います。というのも,文書を持ちだす場合は,SDカードに移す,USBで接続する,Bluetoothで転送する,というワンクッションが必要になるからです。もちろん,そうやってもちだしてもいいのですが,現在,iPhone,iPadではATOK Padを利用してEvernoteのノートを閲覧・編集しているため,このワンクッションはマイナスに作用します。

つまり,pomeraが想定している利用者は,会議(やそれに類するもの)の記録を取る,文書を最初から(もちろん,ある作品やレポートの一部でもいいのですが,その最初から)作成する,ことなんでしょう。

ただ,私のこれまでのATOK Padを利用したメモの使い方は繰り返し見直して,彫琢することが多かったわけです。だとすると,pomeraで完結するならいいですが,あらゆる場所に持ち出さなければなりません。しかし,どこに行くにも持ちだすとすれば,iPhone以外にpomeraを持ちだすのか‥‥‥と思うと気が重いだけでなく,肩も重い‥‥‥

そうすると,DM100を購入するという意欲は下がるはずです‥‥‥が,そうでもないのはなぜなのか,もう少し考えないとならないですね(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.18

時間管理がようやくシステム化できてきたかな‥‥

以前勤務していた大学から現在の大学に異動してきてようやく2年が経とうとしてます。

2年間で一番苦労したのは,時間管理がこれまでとは違った仕方で行わなければならなくなったことです。というのも,通勤時間が往復で2時間取られるだけでなく,授業コマ数も増え,さらには研究会など外部での活動が圧倒的に多くなりました。

もちろん,研究会などの活動は私自身にとって新たな知見に触れることができる貴重な機会ですから,その点は異動のメリットとして受け入れるべきでしょうが,通勤時間や授業コマ数の増加はデメリットでしょう。

このデメリットを最小限にとどめるために時間を管理する必要がありましたが,そのシステム化には時間がかかりました。

従来は時間をそれほど意識せず,タスク管理だけで乗り切れたのですが,それに時間という軸を入れなければ仕事の先送りばかりが生じてしまうことになります。

そこでいろいろと試行錯誤した点を箇条書きにします。


  • 予定はiCal(iPhone,PC)で一元管理する

  • A5システム手帳で週間予定を見通し,タスクを落とし込んでいく

  • タスクはOmniFocusでGTDを行い,測量野帳で日々のタスクをリスト化する


といったところでしょうか。これらについて次回以降書いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.20

etranger di costaricaのメモスタンド

職場がかわってこれまで机の上に置いていた母艦ノートを置くスペースが厳しくなりました。

そこで,メモ帳を導入しました。もともとRHODIAのNo.13を使っていましたし,今も使っているのですが,机の上に常置しておかずに持ち運んで使うことが多くなりました。その結果,机の上に常置するメモ帳が必要になりました。

最初は反故紙を使っていました。それはそれでいいのですが,ペーパーセメントを背の部分に塗って簡易メモ帳にしてみたり,クリップで挟んでみたり,といろいろ試行錯誤した結果,etranger di costarica(エトランジェ ディ コスタリカ)のメモスタンドを導入することにしました。


GR Digital II

傾斜があるためか,書きやすく,なかなか使い勝手がよいです (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.18

ノートの組み合わせ

RHODIAのNo.13を使うようになってから,会議やミーティングにはRHODIAをもっていくようになりました。No.11はポケットに入れておくサイズで会議やミーティングのメモとしては力不足でしたが,ほぼはがきサイズのNo.13ならば,メモとしては十分なサイズです。

しかし,RHODIAは切り取ってこそ力を発揮します。ちょっとしたメモはそれを処理してしまえば廃棄しますが,アイデアメモや会議やミーティングのメモなどは切り取って母艦ノートに貼り付けています。

母艦ノートはB5サイズのフールスノートで1テーマにつき,見開き1頁を使うことにしています。

例えば,会議のメモを貼ってから,その次のアクションを記載し,その結果をさらに記載しておくことにしています。

まだこのやり方は定着したとは言いがたいので,これから試行錯誤をしていく必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.17

母艦ノート用の革製ノートカバー

iPhone 4の予約関係でこの数日更新していますが,3月以降異動があったにせよ,ブログの更新のペースが1ヶ月に1回程度とは (;_;)

そこで少し買物報告を (+_+)\バキッ!

母艦ノート用の革製ノートカバーを,メール会員10%オフ期間中の無印良品で今日ゲットしてきました。


GR Digital II


GR Digital II

以前から使っているのはこちら。


GR Digital II

いい味を出してきているのでこちらを使い続けたいんですが,いわゆる変B5版らしく,私が使っているノートでは上辺か下辺を切り取らないと使えません。

今まではそうやって使ってきたのですが,10%オフのこの機会に無印で購入してみました。

しばらく黒いほうを使っていきたいと思います。ヌメ革のほうも無印で購入しましたが,こちらはアウトレットで黒の倍程度の値段がしたと思います。

どちらも無印品質ですが (+_+)\バキッ! ヌメ革のほうは1枚革なので高いのかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.05.27

行動の記録をつけていくこと

大分前に,Bindexのバーチカルタイプのウィークリー予定表に行動の記録をつけていると書きました (^_^;

バーチカルタイプを使っているのはどの行動にどれだけ時間を割いているのか,あるいは割いていないのかがはっきりするため。時間はかぎりがあるものですから,使っている時間とそうでない時間,無為に過ごしてしまった時間を峻別することから,次のアクションが生まれると考えています。

その際,プライベート,仕事,等々によって4色で使い分けて記録しています。そうすると,1週間どの領域に時間を使っているのかが一目瞭然。

案外このやり方がうまくいっているのですが,問題はメモし忘れるということ。特に立て続けに飛び込みの仕事が入ると,なかなか時間をメモすることができなくなります。しばらくはこの方法でやってみて微調整していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

テープのりに感動 (^^)

のりはずっとスティックのりを使ってきましたが,職場でテープのりを購入してみました。

以前ドットライナーを使っていると書きましたが,それは挟んで使うタイプでした。薄い紙だとうまく糊付けできないことがあったのですが,今回新たにドットライナーを購入。


GR Digital II

このタイプだと薄い紙でも問題なく糊付けできますし,こちらの意図どおりに糊付けをできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.29

Brelioのシステム手帳(2冊目) (^_^;

RHODIAのNo.13で書きましたが,アナログの必要性も感じています (^_^;

とはいうものの,予定の管理はiCal,Googleカレンダー,iPhoneの同期で利用しています。それじゃ,何にアナログの必要を感じているのか?

まず1つは行動の記録をつけること。これはデジタルだと難しい。タイムログアプリなども使ってみたのですが,やはりアナログで記録するほうが便利です。というのも,誰かから電話があったときにすぐにタイムログアプリを起動できるわけではないですから。

2つ目はタスクを予定に落とし込む際にはアナログのほうがやりやすいことがわかりました。iCalから4週間分の予定を週間予定でプリントアウトし,その空いた時間にOmniFocusのタスクを落とし込んでいくことにしました。これで予定をかなり効率的に運用できるようになりました。

ただ,この2つを1つのノートで実現することは難しいです。その結果,システム手帳に回帰することになったのですが,以前使っていたBrelioは15mmリングでこの2つだけのリフィルを持ち運ぶには大きすぎます。そこで年末年始の出費の多い時期にBrelioの10mmのシステム手帳をまた買ってしまいました (+_+)\バキッ!


iPhone 3G

週間予定をA4にプリントアウトして折って入れておき,普段はBindexのバーチカルタイプの週間予定表に記録を書き込むことにしています。仕事によって色分けすれば,自分の仕事のバランスがよくわかるので,次の行動計画も立てやすくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.25

RHODIAのNo.13

iPhoneを購入してから,データをiPhoneに統合しようと試みてきたのですが,やはり挫折です (^_^;

結局,アナログも必要なんですよね。それでメモ用にRHODIAのNo.13を使うことにしました。


GR Digital II

カバー好きの私は,結局カバーも一緒に買ってしまいました (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.03

KOKUYOのドットライナー

久しぶりに文具ネタです。

これまでのりはスティックのりの“シワなしPiT S”を使っていました。ただ,最近巷で話題になっているドットライナーに興味を惹かれ,ついに購入。


GR Digital II

便利です。ランニングコストはもちろんスティックのりよりも高くつきますが,それを上回る使い心地です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Apple | AspireOne | DMC-LX3 | GR Digital II | iPhone | LifeHack | Mac | pomera | デジカメ | 写真 | 携帯電話 | 文具 | 雑記