AspireOne

2010.01.22

「タスクバーからバッテリー・インジケータが消えた場合の対処法」では解決せず (;_;)

いったんはバッテリー・インジケータが復活するものの,その後また消えてしまいました。何度やっても戻ってしまう。仕方がないので,フリーのインジケータソフトを入れて対応することにしました。

何か別のソフトとコンフリクトしているのでしょうが,それを探している暇もないので (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.13

タスクバーからバッテリー・インジケータが消えた場合の対処法

ここのところAspireOneを使う機会が増えています。
久しぶりに使いつづけて困ったのは,バッテリのインジケータが消えてしまい,後どれくらい使えるかがわからず,突然警告のアラートが出るという事態に遭遇したことでした。

いろいろ調べてみると,次のところに解決策がありました。

http://support.microsoft.com/kb/882186/ja

今週末は出張だし,AspireOneを使う機会が増えるので,ホッと一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.29

“Error readingTrayIcon1 -> Visible: Cannot Create System Shell Notification Icon.”の対処法

AirMacを経由してAspireOneともHDDを共有しようとしたのですが,インターネット経由では結局グローバルIPかDNSサーバがないと無理ということがなんとなくわかりました(その顛末はまた後日)。

そのプロセスでAspireOneにAppleのAirMac関係のファイル群をインストールしたんですが,結局できないことがわかり,アンイストールすることにしました。

が,ここで問題発生! 起動の度にMagicDiscのトレイアイコンがうまく表示できないというメッセージが出てきます。


AspireOne

何度かMagicDiscをアンインストール,インストールを繰り返してみたのですが,ダメ。まあ,OKをクリックすれば問題なくWindowsを利用することはできますが,気になる (^_^;

それでいろいろと調べてみたら,WindowsXPの起動プロセスと競合しているらしい。解決策はMagicDiscをトライアイコンに登録しないように,スタートアップ項目から削除するということ。

しかし,それでは多用しているMagicDiscを簡単に使うことができない。

さらに調べてみると,Glary Utilitiesというソフトでスタートアップ項目の起動を個別に遅らせることができるらしい。そこで,さっそくダウンロードして設定することにしました。

起動して,「モジュール」→「最適化&改良」→「スタートアップ管理」を選択します。


AspireOne

次に問題となっているMagicDiscを選択し,「遅延」をクリックします。


AspireOne

そうすると,下のような画面になります。これで終了です。


AspireOne

再起動してもアラートが出なくなりました (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.27

IMAP以降の勘所 (^_^;

勘所っていうほどのものではありませんが (^_^;

IMAPに移行する際にPOP3で受信したもののうち,Gmailに残っていないもの,つまりGmailに統合する以前に他のアカウントで受信したり,送信したメールをIMAPサーバ上を移す必要があります。

実はパソコン通信時代からの習慣で1ヶ月から1年のスパンでカテゴリごとにメールを保存してきましたので,Mail.appに残っているメールはそれほど多くありませんが,それでもアップロードに時間を要しました。

その後,ローカルに残していたメールやフォルダをすべて削除し,基本的にはGmail上のラベル(Mail.app上ではフォルダと認識される)で対応することにしました。

こうしておけばどの環境においても同じようにメールを確認することができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.26

POP3からIMAPへの変更でクラウド化を図る

iPhoneを購入してから,メールをすべてGmail経由で受け取るようになりました。これはiPhoneのMailアプリがアカウントごとに受信したメールを確認する仕様になっていたためです。複数アカウントのすべてをPOP3でMacのMail.appで受信するようにしていたのですが,その大半は転送メールに対応していたので,それを利用してGmailに転送し,転送に対応していないアカウントもGmailのPOP3読み出しの機能を使って読み出すようにしていました。

ただ,職場と自宅でデータの不整合が起こりますから,基本的には職場ですべてのメールをMail.appで受信して自宅ではWebからメールを確認するという仕方をとっていました。どう考えてもこれは非効率的なので,いつかはIMAPへ移行したいと考えていましたが,いつまでたっても実行せず…… (^_^;

で,ようやくIMAPに変更しました。その詳細は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.25

AspireOneの電源ケーブルを短くする (^_^;

AspireOneの電源ケーブルはかなり太くて使い勝手が悪いものです。そのうえ,ご丁寧にアースまでついていてUMPCの電源ケーブルとは思えません。

そこで,秋葉原に出かけた際に秋月通商で購入したのがこのケーブルです。


GR Digital II

これはAspireOneについてきたものよりも細く,使い勝手は若干上がったのですが,しかしACアダプタと一緒に持ち運ぶにはまだかさばります。そこで以前からこのケーブルを切断して短くすることを考えていました (^_^;

それで用意したのがこれ。


GR Digital II

ホームセンターで150円程度で購入してきました。そしてケーブルを切断して作ったのがこれです。


GR Digital II

これでアダプタを入れていた袋にケーブルも収まりました (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.24

無線LANにiMacが接続できない (;_;) →解決 (^^)

家庭内LANを再構築する作業は思ったよりもすんなりといきました。以前の環境ではPLANEXのGW-MF54G2の設定に苦労したため,時間がかかるかと思いましたが,BuffaloのWLI-RX4-AG300Nが非常に安定していて(今のところは (^_^; ),HDDレコーダーとメディアプレーヤーを一括してWPAで暗号化して接続することができました。

ただ,1点だけ手間取ったのがiMacの接続。AirMacExtremeに接続するのですから,苦労するはずはないのですが,何度やっても一瞬無線電波を補足するものの,すぐに接続先が見つからないというアラートが出ます。再起動したり,設定し直したりしたのですが,接続できませんでした。

そこで,アクセス時の認証がうまくいっていないと狙いをつけて,キーチェーンアクセスのWEPのパスワード等を一括して削除,“/Users/(ユーザ名)/Library/Preferences”にあるaAirMac(AirPort)関係のプリファレンスファイルを削除,そして,再設定したら接続できました。

実はこのiMacですが,eMac(確かOSX10.2くらい)からずっと内部のデータを引き継いでいて,ときどきこうした不具合が起こります。HDDも当初のものから1GBに変更しましたが,その際もデータはそっくりそのまま移動しただけですので,そろそろクリーンインストールしたほうがいいのかも (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.23

家庭内LANの再構築

さて,このシリーズもとりあえずは今回で最後(不具合が起こればさらに続く (^_^; )。

前回紹介した機材を用いてどのような形で再構築するかというと,下記のとおりです。


OmniGraffle

実はこれではまだ,WEPからWPAへの変更だけが実現されただけです。もちろん,HDDレコーダ等の安定性はましますが (^_^;

この後,外部への公開等は後日取り組むことにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.22

家庭内LAN再構築に向けた機材

いくつかの問題点があることを指摘しましたが,それを克服するためには複数の機材が必要になります。今回は次の2つを入手することにしました。

  • AirMac Extreme ベースステーション
    ルータと無線のアクセスポイントとして利用するために,これまでブリッジとしてしか使用していなかった旧AirMacベースステイションにかわる機材として用意しました。それにしてもこれが2万円弱で買えるのですから,かなり安くなりましたよね (^_^;

  • Buffalo WLI-RX4-AG300N
    今回の目玉です (^_^; PLANEXのGW-MF54G2が安定しないのと,メディアプレーヤーを一括して無線化しようとするための機種です。GW-MF54G2は今後外出先で利用したいと考えています。

これらを使って家庭内LANを再構築したいと思いますが,それについては次回って引っぱりすぎ (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

家庭内LANの現状と問題点

現在,自宅では複数台のPCを使っているため,LANを組んでいますが,その構成は以下のとおりです。


OmniGraffle

ところで,しばらくこの構成で使い続けてきたのですが,いくつか問題がありました。

  • 無線のセキュリティがWPAでなくWEPである。
    無線のセキュリティはWEPよりも,WPAのほうが安全です。最近ではWEPなら数秒でクラックできるツールも開発されたと聞きます。WPAに変更したいのはやまやまだったのですが,実はネックがあります。メディアプレーヤーが無線を内蔵しているのですが,それがWPAに対応しているはずなのに,うまく接続できず,WEPに変更した経緯があります。これはいずれは改善したいと考えていました。

  • HDDレコーダのコンバータが安定しない。
    かなり古い機種になりますが,HDDレコーダは東芝のRD-XS36を使っています。これは番組表をネットから取得するだけでなく,LAN環境にあるとPCからいろいろな操作ができるようになります。そこでずっとPLANEXのGW-EN11Xを使用していました。RDシリーズの推奨品ということもあって,3年くらいは問題なく動きましたが,IEEE 802.11bにしか対応していなかったので,新たにPLANEXのGW-MF54G2を投入しました。ただ,これが本当に安定しない。数週間に一度はリセットをしているような印象です。HDDレコーダにメールで録画予約をする機能があるのですが,コンバータがダウンしていることを知らずに録画予約をして予約できていなかったことも多々ありました。
  • IEEE 802.11nで接続していない。
    MacBookは潜在的にはIEEE 802.11nで接続することができるものの,AirMacが古いタイプであるために,IEEE 802.11gで接続することを続けてきました。

  • iPhoneや外出先から自宅のPCにアクセスできない。
    これは少し工夫をすれば可能だと思いますが,Yahoo!BBモデムをルータとして使用している現状では設定に少し手間がかかるため,現状では外部からの接続はできない状態になっています。

これらを克服すべく,いくつかの機材を新たに購入することにしました。それについては次回 (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Apple | AspireOne | DMC-LX3 | GR Digital II | iPhone | LifeHack | Mac | pomera | デジカメ | 写真 | 携帯電話 | 文具 | 雑記