« 今度はiPhoneの同期が終わらない (;_;) →解決 (^^) | トップページ | 生活リズムDS »

2010.02.10

e-Tax,やっと終了

書類がすべてそろったので,e-Taxで確定申告を昨年どおり行うことにしました。

2009(平成21)年分の申告でSnow Leopardに対応していないことは,ここに書かれていたので,わかってはいたのですが,まずはSnow Leopardでやってみることに。

申告書の作成まではなんとか行くものの,やはり最後の送信のところでうまくいかない。ドライバやルート証明書を再インストールを試みたものの,やはりSnow Leopardでは無理でした (^_^;

それで,妻が使っているiMacはまだLeopardなので,それを使って申告することに。

Snow LeopardのMacBookで作成した申告書のデータをiMacで読み込み,送信しようとするのですが,「AF0020-698」というエラーが出て,送信が完了しません。

このエラーは国税庁のQ&Aにも載っていないし,Googleで調べても出てこないんですよね。公的個人認証のクライアントソフトで,有効性の確認を行うと,きちんと有効性が確認されているので,個人認証の部分ではなく,申告書のほうに何らかの不具合があると予想し,Leopard環境下で最初から申告書を作成し,そのうえで送信すると今度は無事送信されました。

Snow Leopardで作成した申告書のデータがなぜ送信できないのかはよくわかりませんが,なんとか送信することができました。

それにしても,今年は申告書の様式がAからBに変更になりました。複数から所得(雑所得)がある場合でもこれまではAで申告できたのですが,今年から給与所得者の医療費控除等のみがAになり,それ以外はすべてBということに。

送信の失敗も戸惑いましたが,それよりも申告書の様式変更に大いに戸惑いました。

e-Taxを含め,確定申告は,私のような一般人には敷居が高いです。なんとか改善してほしいですね。

|

« 今度はiPhoneの同期が終わらない (;_;) →解決 (^^) | トップページ | 生活リズムDS »

コメント

Snow Leopardで作成した申告書のデータをLeopardで送信したらうまくいきました。なんだか分からないですね。どっちみちSnow Leopardだけでは駄目みたいです。

投稿: a310 | 2010.02.21 22:44

a310さん,コメントありがとうございます。

やはりSnow Leopardからは申告できないんですね。Snow Leopardでは有効性の確認もできませんでしたから,そもそも公的認証の通信ができていないということなんでしょうね。

でもSnow Leopardで作成したデータがLeopardで使用できるんですね。何が悪かったんだろう……

投稿: run_well | 2010.02.22 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9082/47531666

この記事へのトラックバック一覧です: e-Tax,やっと終了:

« 今度はiPhoneの同期が終わらない (;_;) →解決 (^^) | トップページ | 生活リズムDS »