« 家庭内LANの現状と問題点 | トップページ | 家庭内LANの再構築 »

2009.06.22

家庭内LAN再構築に向けた機材

いくつかの問題点があることを指摘しましたが,それを克服するためには複数の機材が必要になります。今回は次の2つを入手することにしました。

  • AirMac Extreme ベースステーション
    ルータと無線のアクセスポイントとして利用するために,これまでブリッジとしてしか使用していなかった旧AirMacベースステイションにかわる機材として用意しました。それにしてもこれが2万円弱で買えるのですから,かなり安くなりましたよね (^_^;

  • Buffalo WLI-RX4-AG300N
    今回の目玉です (^_^; PLANEXのGW-MF54G2が安定しないのと,メディアプレーヤーを一括して無線化しようとするための機種です。GW-MF54G2は今後外出先で利用したいと考えています。

これらを使って家庭内LANを再構築したいと思いますが,それについては次回って引っぱりすぎ (^_^;

|

« 家庭内LANの現状と問題点 | トップページ | 家庭内LANの再構築 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9082/45409382

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭内LAN再構築に向けた機材:

« 家庭内LANの現状と問題点 | トップページ | 家庭内LANの再構築 »