« iTunesCardを確保! | トップページ | 家庭内LAN再構築に向けた機材 »

2009.06.21

家庭内LANの現状と問題点

現在,自宅では複数台のPCを使っているため,LANを組んでいますが,その構成は以下のとおりです。


OmniGraffle

ところで,しばらくこの構成で使い続けてきたのですが,いくつか問題がありました。

  • 無線のセキュリティがWPAでなくWEPである。
    無線のセキュリティはWEPよりも,WPAのほうが安全です。最近ではWEPなら数秒でクラックできるツールも開発されたと聞きます。WPAに変更したいのはやまやまだったのですが,実はネックがあります。メディアプレーヤーが無線を内蔵しているのですが,それがWPAに対応しているはずなのに,うまく接続できず,WEPに変更した経緯があります。これはいずれは改善したいと考えていました。

  • HDDレコーダのコンバータが安定しない。
    かなり古い機種になりますが,HDDレコーダは東芝のRD-XS36を使っています。これは番組表をネットから取得するだけでなく,LAN環境にあるとPCからいろいろな操作ができるようになります。そこでずっとPLANEXのGW-EN11Xを使用していました。RDシリーズの推奨品ということもあって,3年くらいは問題なく動きましたが,IEEE 802.11bにしか対応していなかったので,新たにPLANEXのGW-MF54G2を投入しました。ただ,これが本当に安定しない。数週間に一度はリセットをしているような印象です。HDDレコーダにメールで録画予約をする機能があるのですが,コンバータがダウンしていることを知らずに録画予約をして予約できていなかったことも多々ありました。
  • IEEE 802.11nで接続していない。
    MacBookは潜在的にはIEEE 802.11nで接続することができるものの,AirMacが古いタイプであるために,IEEE 802.11gで接続することを続けてきました。

  • iPhoneや外出先から自宅のPCにアクセスできない。
    これは少し工夫をすれば可能だと思いますが,Yahoo!BBモデムをルータとして使用している現状では設定に少し手間がかかるため,現状では外部からの接続はできない状態になっています。

これらを克服すべく,いくつかの機材を新たに購入することにしました。それについては次回 (^_^;

|

« iTunesCardを確保! | トップページ | 家庭内LAN再構築に向けた機材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9082/45409288

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭内LANの現状と問題点:

« iTunesCardを確保! | トップページ | 家庭内LAN再構築に向けた機材 »