« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.31

フロッピーディスクの信頼性

昨日,付箋ケースとしてフロッピーディスクのケースを使っていると書きましたが,その際に職場でいまだにフロッピーでデータの受け渡しをしていることに対する疑問があるということだけを書いておきました。その理由は,コストが安いから。なんか時代錯誤にもほどがあるという印象です。コストをかけたくなければ,すでにあるLAN経由でデータの共有をすればいいのに,サーバ設置にコストがかかるなど自分たちのスキルがないことと仕事を増やさないようするための言い訳にしか聞こえません(って言い訳なんでしょうけど (^_^; )。

フロッピーディスクの使用歴は実は長いんですよね。ずっと前に書いたように,大学入学時に伯父からもらった三菱のオフィスパソコンは8inchのフロッピーディスクで確かその容量は1MB程度だったと思います(800KB程度だったかも)。それを使ってCP/M-86というOSやソフトを読み込んだり,データを保存したりしていました。

その当時,フロッピーの主流は5inchから3.5inchに移行する最中だったと思います。PCはワープロに比べて,比較的情報量が多いため,まだ高密度化されていない3.5inchではキャパシティーが足りなかったのでしょう。ただ,徐々に3.5inchに移行していくところだったように記憶しています。私が最初に使ったワープロは,3.5inchの高密度フロッピーディスクでした。

Macに移行してからも,PowerMacintosh7600まではフロッピーディスクドライブがついていましたし,PowerMacG4に移行して7年が経過しましたが,その当初はまだ外付のフロッピーディスクドライブを使っていましたので,かなり長い間フロッピーディスクを使ってきたことになります。

それにもかかわらず,フロッピーディスクをあまり信頼していないのは,体感的に,HDDよりもフロッピーディスクのデータが飛ぶという印象があるからです。統計などはないんですが。

だから,職場でフロッピーディスクを用いていることに疑問を持っているってだけの話なんですけど (^_^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.30

付箋ケース,これは何?


IXY Digital 800IS

これは何だかわかりますか?

あっ!もちろん,中に入っているのは付箋ですが,そのケースはもともと何だったかということです (^_^;

実はこれ。妻が昔使っていたフロッピーケースです。データの受け渡しが,ネット経由やUSBメモリ,CD-Rに移行してしまい,私の家ではフロッピーを使うことはなくなりました(職場ではいまだに使われていることに違和感がありますが,その理由は後日)。

付箋っていろいろなサイズが必要になったりします。本を読むとき,メモを残すとき,等々。普段は机の上のペントレーに載せていますが,持ち運ぶ際にはこういったケースが必要になります。一時,アルミ製の名刺入れに入れいていたときもあったのですが,これはぴったりのサイズです (^_^;


IXY Digital 800IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.29

東京出張

東京に出張に行く際に時間に余裕があると,秋葉原に行くことが多いです。

今ではネットを通じて何でも購入できますし,必ずしも秋葉原が安いわけではありません。ただ,他では買えないものが買えることも確かなんですよね。

それで,ついつい足が向いてしまうのですが,今回は偶然お祭に遭遇しましたので,そのときの写真を (^_^;


DMC-LX3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.28

JetStream 4+1

JetStreamといっても,JALが提供している東京FMの番組ではありません (+_+)\バキッ!

文具好きの人なら知っている(はず)の三菱鉛筆が出しているボールペンの名前です。このボールペン,普通の油性ボールペンなのに,ゲルインクのように書き味が柔らかいのが特徴です。万年筆の書き味になれてしまうと,普通の油性ボールペンは非常に書きにくく感じます。この柔らかさは非常に書きやすいって好みによるでしょうけど (^_^;

ただ,多色の軸が軽くて書きにくい。これも好みなんですけど,私は軸は重めのほうが書きやすいと思ってしまいます。それで複数色を使うことが多いので,多色がほしいわけです。これまでは,クリップオンマルチというゼブラの胴軸を若干削り,JetStreamの替芯を入れていたのですが,ついに(ってしばらく前ですが……)JetStreamの4色+1のペンが発売されました。


IXY Digital 800IS

これは軸が適度に重く,書き味もJetStreamですので問題なし。シャープペンシルはほとんど使わないのですが,4色はいろいろと使い分けています。これをスーツに1本差して,職場の机に1本置いています。自宅にはまだ改造版クリップオンマルチがあるので,どの環境でも4色JetStreamを使うことができるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.27

読書の必需品 (^_^;

以前,原稿校正の必需品を取り上げました。順序としては逆のような印象がありますが,本を読むときの必需品を……


IXY Digital 800IS

必需品といっても,赤鉛筆と付箋だけです。ただ,この2つちょっとしたこだわりが (^_^;

  • 赤鉛筆
    本を読むとき,本に使われている紙は多種多様で,ペンのインクだとにじみや裏写りがあるものもがあります。ですので,赤鉛筆にかぎります。ただ,「赤鉛筆」と書きましたが,ご覧になってわかるように,正確には芯ホルダーです。ステッドラーの925-25-20に三菱のユニの赤芯を入れています。もちろん赤鉛筆でもいいのですが,クリップが着いているので芯ホルダーを使うようになりました。もともとは三菱の古い芯ホルダーを使っていたのですが,最近はこちらばかりです。

  • 付箋
    本を読むときに気になるところに付箋をつけていくのは多くの人がやっているのでしょうが,ここにも少しだけこだわりがあります。3Mの715RP-Kという品番ですが,25mm×7.5mmという極小サイズがちょっとしたこだわりです。本の種類によっては,大きな付箋を使うと読みにくくなります。これだと付けていることはよくわかるのに,本文を邪魔しないんですよね。これに出会ってからこればかりです。かなり使っているはずなのですが,サイズが小さいためか,なかなか減らない印象で,お得感もあります (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.26

ジョッター購入

最近,物忘れが多いです (+_+)\バキッ!

とにかく何でもメモをするようにしていますが,RHODIAを持ち歩くつもりが,新しいRHODIAだとほんの少しだけど重くなります。この重さが少し……

そこで以前から気になっていたジョッターを購入しました。購入したのは,K & M. OSKAのソフトタイプ黒の名刺サイズです。

名刺サイズより大きいと持ち運びに手間がかかります。スーツの胸ポケットに入れておいて違和感がないものとなると,このサイズのジョッターということになります。


IXY Digital 800IS

しばらく使っていますが,私には少し柔らかい印象でしたので,ダイソーで購入したプラ板を切って入れておくことにしました。これで安定して書くことができます。

革は柔らかくて使いやすく,メモを気軽に取るようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.25

文学的表現に嫉妬 (^_^;

またまた雑記が続きますが……

文学には昔から縁がないです。自分が文学的センスがないことを高校時代以降いやというほど思い知らされてきましたから,文学には近づかないほうがいいと思っているわけです (^_^;

とはいうものの,最近ブログを書くようになって思うのは……このブログの文章のおもしろみのなさ (;_;)

こういうのって文学的なセンスですよね〜どちらかというと,文学的表現なんて受け付けないなんて思っていたやつなんですが,こうなると,文学的表現やそれができる人に嫉妬してしまいます (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.24

論理か直感か……

全くの雑記です (+_+)\バキッ!

最近仕事をしていて感じるのは,論理を重視するか直感を重視するかのどちらかを選択するのではなく,自分が今論理的に判断しているのか,直感的に判断しているのかに自覚しているかどうかが重要だということです。

何かを決断するときに,そのために必要な情報を徹底的に集めることはどのような仕事でも同じだと思います。それは直感的に集めるのではなく,論理的に考えなくてはならないのでしょう。

しかし決断するときには,論理的に考えると,より蓋然性の高い選択肢を選ぶことができるでしょうが,どちらの選択肢も同じような確かさしかないとすれば,論理的であるよりも直感的であることが求められると思います。

ただ,最近感じるのは,このようなことさえ無自覚な人たちが大半だということです。だから仕事をしにくいんだと最近感じている次第です……ってあまり脈絡のない話でした (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.23

新しいAspireOneケース (^_^;

AspireOneには,ダイソーで購入したケースを使っていたのですが,少し大きいので,出張に持って行くにはかさばります。ですので,先日AspireOne用に新しくケースを購入しました。


IXY Digital 800IS

実は近所の家電量販店に見に行ったのですが,売っておらず,仙台に行ったときにヨドバシカメラで購入しました。サイズは6セルでちょうどいいくらい。いわゆるゼロショックというやつです。

これで出張に安心してもっていくことができます (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.22

AspireOne用マウス

自宅と職場ではVX Revolutionを使っているわけですが,AspireOne用にもマウスがほしくなりました。しばらくは自宅のVX Revolutionを使っていましたが,ほぼ自宅に据え置きで使っているMacBookにつけているレシーバーをそのたび付け替えるのはおっくうになってきました。

また,自宅や職場でデスクトップのように使っている分にはVX Revolutionのレシーバでも問題ないですが,AspireOneは持ち運ぶことが前提ですので,VX Revolutionのレシーバの場合,毎回抜き差しをしなければなりません。

そこで少し物色してみた結果,LogicoolのV550nanoを購入しました。


IXY Digital 800IS

いくつかこれを選んだポイントを。

  • MicroGearプレシジョンスクロールホイールである。
    VX Revolution同様,これもMicroGearプレシジョンスクロールホイールです。これは一度使うとやめられないんですよね (^_^;
  • レシーバが小さい。
    差したままでもケースに入れることができます。ケースについては後日。
  • 電池寿命が長い。
    VX Revolutionも同じですが,これは単3電池を2本使っていて,1年ほど持つそうです。

少し使っていますが,非常に使い勝手がいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.21

Dropboxはすごい!

以前にもDropboxを利用していることを書きましたが,これはホントにすごいです。

これまでUSBメモリで職場と自宅のデータをSyncしていましたが,今はUSBメモリをほとんど持ち運びません。MailはほぼすべてGMailに転送か,POP3で読み出しを行っていますので,GMailだけですみますし,現在進行中のプロジェクトにかかわる書類はすべてDropboxで共有していますので,USBメモリは必要なくなってしまいました。

今までクラウドだとか,データをWebで管理したほうがいいなどという話をいろいろなところで聞いていたのですが,踏み切れずいました。躊躇していたのは,データの同期の不便さです。MobileMeの場合,Mac同士ならシームレスですが,Windowsからはアップロードとダウンロードを行わなければなりません。このわずか一手間が面倒なんですよ。

それをしなくてもよいDropboxはすごい!としかいいようがないです (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.20

pomeraのその後……

AspireOneを購入して,pomeraを使う機会がなくなったということを書いてすぐに,KINGJIMがpomeraのCMをはじめ,色のバリエーションも増やしたというニュースを読みました。

う〜ん,時代はpomeraなのかな (^_^; でも,AspireOneを使っちゃうとなかなかpomeraに戻れないんですよね。ただ,pomeraは私がもっているBREEのショルダーバッグに入りますし(AspireOneは入りません),重さも1kgを切っていますし(AspireOneは1kgを越えています),電池寿命は異常に長いですし(AspireOneは6セルバッテリでも4〜5時間といったところでしょうか),……。

いいところもあるんですよね。じゃあ,なぜ戻れないのか。やっぱりDropboxの存在だと思います。これについては後日書きますが,シームレスなデータSyncの時代に入ってるのに,USB接続を手間に思えてしまうんですよね……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.19

VX Revolution

職場でも自宅でも,LogicoolのVX Revolutionを使っています。できるだけ同じ環境で使用したいということが一番の理由です。確か発売されてすぐに購入したこのマウスの使い心地が非常によくて,先日も落として壊してしまったのですが,新しくまたVX Revolutionを購入してしまったほど,このマウスの使い心地がいいです。

このマウスの気に入っている点をいくつか列挙してみたいと思います。

  • 電池寿命が長い。
    今のコードレスマウスの多くは電池寿命が長いのですが,これが発売された頃は充電式のものがまだ多く出回っていました。私もLogicoolのMX-700というレシーバと充電器が一体になっているものを長い間使っていましたが,このマウスに出会ってから充電をしなくていいという簡便さに驚いた記憶があります。まぁ,このメリットだけなら別の選択肢が今はあると思います。
  • 適度に多機能マウスである。
    MacOSXを使っていると,ExposeやSpacesなどの機能を利用できますが,これらをキーボードに移動することなく,マウスだけで利用することができます。それだけ多くの機能を割り当てることができるボタンがついていることが使い勝手をよくしているように思います。
  • MicroGearプレシジョンスクロールホイールである。
    使うまでこのすごさを実感できませんでしたが,もう他のスクロールマウスが使えなくなるくらい便利です。言葉ではうまく説明できないのですが,スクロールを自在に操ることができるようになったと実感できるとしかいいようがない (^_^;

他にもあるのですが,まさに「革命」に値するほど私には画期的なマウスで,今も自宅と職場で大活躍です (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.18

そういえば,pomera……

AspireOneを購入して以降,pomeraを開くことはなくなってしまいました (;_;)

予想していたとおり,これまでpomeraを使っていた場面では,AspireOneを使うようになっています。pomeraはデジタルメモですが,普段使っているPCとのデータの同期に手間がかかります。デジタルの利点はデータの活用が簡便であることにあるわけですが,そのデータをSyncさせるのに手間がかかるので,どうしてもAspireOneでDropboxを利用すると,そのシームレスなデータのSyncに別の環境であることさえ,忘れてしまうほどです。

AspireOneを導入した今,pomeraがどのような場面で使用できるのかを考えてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.17

ToodledoProバージョンとAppigoToDo2.0の同期〜その2:サブフォルダとチェックリスト

以前,ToodledoProバージョンとAppigoToDo2.0の同期について,サブタスクとプロジェクトの同期が特に問題なくできることを書きました。

今回は,チェックリストです。

出張の準備をするときなどはプロジェクトというよりも,チェックリストを使うほうが便利です。それではどのように同期するかですが,基本的には以前書いたサブタスクとプロジェクトとほぼ同じように同期できます。ただ,1点違うのは,親タスクのメモに次のようなコメントを入れなければならない点です。

---- Task Type: Checklist ----
---- End Task Type ----

これを入れて同期すると,AppigoToDo2.0でチェックリストとして認識されます。AppigoToDo2.0でチェックリストとして作成した場合,Toodledoではメモにこのコメントがあるだけですから,ちょっと見ただけでは区別はつきませんが,チェックリストはiPhoneで使用することが主ですので,特に問題はないように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

iCalのデフォルトアラームを変更する

iCalにはアラーム機能があります。これは職場で忘れがちなミーティングの時間を知らせてくれるのでありがたいのですが,デフォルトは“Basso”で「ボッ」という低い音がなって終わりのため,聞き逃してしまうことがあります。

そこで,“Alarm”を使っているのですが,毎回デフォルトから変更するのが手間なので,調べてみたところ,
「ため息ばかりのブログ」さんが変更方法を書かれていましたので,それに従って変更してみました。

まず,iCalを終了し,“/Users/(ユーザ名)/Library/Preferences/com.apple.iCal.plist”をバックアップしておきます。それでターミナルを起動し,

plutil -convert xml1 ~/Library/Preferences/com.apple.iCal.plist

とすると,バイナリファイルがテキストファイルに変換されますので,テキストエディタで開き,4行目の“”の次の行に

<key>Default alarm sound</key>
<string>Alarm</string>

を挿入して,保存します。後はiCalを起動すると,デフォルトで下のように“Alarm”がでるようになります。あっ!もちろん,iCalの環境設定でデフォルトでアラームを設定するようにしていないとでないですけどね (^_^;


PowerMacG4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.15

いまさらながら,デビッド・アレン (^_^;

ここのところ,仕事が立て込んでいることもあり,GTDによるタスク管理がうまくいかない場面が続いていました。

そこで初心に還り,デビッド・アレン『ストレス・フリーの整理術』(二見書房)を読んでみることにしました。GTDの私なりの理解はある程度正しいことを確認できましたが,いくつか誤解をしていたことをあげておきます。

  • タスクをカレンダーに落とし込むのは絶対にその日にしなければならないことだけ。
    これは完全に誤解していました。この日にできればいいなぁと思うこともToodledoのDueDateを指定していました。それが徐々に積み重なって,いつもタスクを次の日に積み残していくようになっていましたが,これですっきりしました。

  • フォルダはやはりフォルダ (^_^;
    ToodledoのProバージョンにアップグレードしたので,サブフォルダを使用できるようになりました。その結果,フォルダをプロジェクトのように使用するイレギュラーをやめることにしました。デビッド・アレンは「リスト」と表現していますが,それがフォルダに該当するとすれば,プロジェクトのようにするのは問題があります。そこでフォルダを「すぐにやる」,「プロジェクト」,「いつかやる」の3つに絞り,それらを週次レビューで確認していくというGTDの基本に戻ることにしました。

さて,こうなると,プロジェクトや期限を設けていないタスクをどのように実行に移すかということが問題になってきますが,しばらくこのような体制で続けてそのあたりを検証したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.14

バケツ稲,籾の芽だし (^_^;

バケツ稲に挑戦中です (^_^;

ようやく暖かくなってきたので,籾だしをはじめました(そうです!ここは寒い地方なんです (^_^; )。


iPhone 3G

といっても,籾を水に浸すだけ。これで後は籾が芽を出すのを待つだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.13

広瀬川まつり?

仙台で子どもたちと一緒に行ったのがここ。


大きな地図で見る


広瀬川の河原で催されているこのおまつりですが,正式名称はわかりません (^_^;
宮沢橋付近に鯉のぼりが川幅一杯につるされ,いろいろな催しものが3日間行われます。


Nikon D70s

なかなか見応えのある風景ですが,子どもたちにとっては鯉のぼりよりも,出店やカヌーやポニー乗りなど楽しかったようです (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.12

PocketMoneyの利用方法〜ポイント計算に使う

PocketMoneyを利用していることは以前書きました

しばらく手許の現金の出納だけに利用してきたのですが,これだけ多機能なAppをそれだけに使うのはもったいないので,何か使い道がないかと考えていたら,ちょうど家電店のポイントを利用する場面があり,これをPocketMoneyで記録することにしました。


iPhone 3G

実は,ここに登録したもの以外にもいくつかポイントサービスがあるのですが,さしあたってヨドバシとソフマップを登録したのは,カードに残高が記録されていないためです。どちらのサービスもネットで確認は可能なのですが (^_^;

まぁ,一覧しておくと,これだけポイントがあるんだと貯蓄のような喜びを得ることもできますし…… (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.11

ついに!iPhoneの手書きメモの真打ち登場か??〜SketchPad

iPhoneでいくつか手書きメモを使ってみましたが,あまり気に入ったものに出会えませんでした。

iPhoneのフリック入力がいくら快適とはいえ,やはり素早くメモをする必要がある場面には出くわすものです。こうしたメモをどうやってとるのかが今まで問題だったのですが,今回見つけたSketchPadはすばらしいソフトです。


iPhone 3G

気に入った点を上げると,何よりも書きやすく,見やすい,メモ用紙の範囲が無限に(たぶん (^_^; )移動できる,移動には書いている途中でも二本指スクロールで移動可能,といったところでしょうか。


iPhone 3G

もう一つをこのUIです。RHODIAを使ってきた(し,今も使っている)私にとって,このRHODIAっぽいUIはメモをしたいと思わせるものがあります。

愛用したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.10

デジタル大辞泉2009i

辞書オタクの私ですが (+_+)\バキッ!  またまたiPhone用の辞書を買ってしまいました。

今度はデジタル大辞泉2009iです。


iPhone 3G

大辞林をもっていて,iDicで広辞苑を使うことができる状態ですから,ここでこの辞書を購入するのはあまり意味がなかったのかもしれませんが,通常2000円のこの辞書が期間限定で1000円になっていたのを見て衝動買いしてしまいました (^_^;

私が気になっていたのは,「ゲーム」機能。辞書の項目を利用したクロスワードパズルと難読語がついています。これがやってみたくて,買っちゃったわけです (^_^;

で,結論かいえば,「ゲーム」自体は楽しいですが,「ゲーム」に使われているキーボードがいわゆる携帯電話のキーボードと同じ仕様。なぜかフリック入力が使えません。これは「ゲーム」の楽しさを半減するどころか,私は数回で「ゲーム」をするのをやめてしまいました。

辞書自体は動作も軽快で,横組みなのが気になる以外は(といってもiDicは全部横組みですけどね (^_^; ),非常に気に入っています。

ただ,ここではたと気づいたのが,PCで仕事をしているときは複数辞書を比較しているものの,iPhoneではこれまで大辞林とWikipedia以外はほとんど使ったことがないということ。となると,今回購入した大辞泉の出番があるのかどうか,非常に疑問の残るところです (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.09

仙台地下鉄駅名キーホルダー

GWは例年になく天候に恵まれていました。

ここ数年天候にかかわらず,妻の実家がある仙台に行っています……って天気の話は何 (+_+)\バキッ!

で,地下鉄に乗ったら,仙台地下鉄駅名キーホルダーなるものが販売されていることを知り,降りた駅で聞いてみると,その駅のものしか買えないとのこと。とはいっても,すべての駅名を揃えるほどの熱意があるわけでなく,子どもに買ってやろうという程度の気持ちですから,「それでいいです」と即答し,購入したのがこれです。


DMC-LX3

で,裏がこれです。


DMC-LX3

子どもは大喜びでした (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.08

ToodledoProバージョンとAppigoToDo2.0の同期〜その1:サブフォルダとプロジェクト

ToodledoProバージョン(以下ではToodledoProと略します)はToDoを過去に遡って表示できるだけではありません。いくつかポイントはありますが,やはりサブフォルダが使えるようになることがFreeバージョンとの大きな違いでしょう。

ちょうどToodledoをProバージョンにアップグレードした少し前に,AppigoToDoも2.0にアップグレードし,プロジェクト(Toodledoでいうサブフォルダ)を扱うことができるようになりました。

そこでToodledoProのサブフォルダとプロジェクトの同期について考えてみたいと思います。

ToodledoProでサブフォルダを作成するには以下のようにします。

まず親項目と子項目をAdd Taskで追加すると,下のように並列した状態になります。


MacBook

ここで子項目の「手」のマークをドラッグして親項目の「手」のマークにドロップすると,


MacBook

のように,「手」が「かばん」にかわり,サブフォルダになります。後は“Add a Subtask”をクリックすると,


MacBook

が出てきますので,バシバシと追加するだけです (^_^;

一方,AppigoToDoのほうは少し癖があります。

新規タスクを追加しようとすると,下のような画面になりますが,


iPhone 3G

そこで「種類」という部分をタップすると,下の画面に遷移します。


iPhone 3G

ここで「プロジェクト」を選んで,元に戻って,タスク名などを入力すると,


iPhone 3G

このような画面になりますから,後はバシバシとサブタスクを追加すればいいわけです (^_^;

すると,このようになります。


iPhone 3G

それでプロジェクト自体はどのように表示されるかというと,


iPhone 3G

となります。

さて,長い前置きでしたが,ToodledoProのサブフォルダとAppigoToDo2.0のプロジェクトは同期できるのか?ということですが,結論をいえば,問題なく同期されます。どちらで操作しても,どちらにも同期されますので,これでかなり便利になったといえるでしょう。

ただ,AppigoToDo2.0のチェックリスト機能については,ToodledoProにはそのような機能がありませんから,簡単には同期でません。このあたりについては機会があれば書きたいと思います(今のところ使ってないもので (^_^; )。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.07

ToodledoのToDoデータ保存のためにProバージョンへアップグレード (^_^;

RememberTheMilkのiPhone版は年間契約という仕組みが私にはあわず,AppigoToDoを購入し,Toodledoとの同期を行うことにしてしばらく経つわけですが,結局完了したToDoの履歴を1週間しか確認できないというFreeバージョンの限界にぶち当たり,Proバージョンへアップグレードしました。

まぁ,今の私の仕事は,AppigoToDoとToodledoとの同期を抜きにしては進まない状況になっていますから,この程度の出費で済むならいいのですが……って負け惜しみ(?)をいってみる (+_+)\バキッ!

ところで,なぜ完了したToDoデータの保存にこだわるのかについて一度も触れていませんでしたので,少し書いておきたいと思います。完了したToDoデータを保存する理由は2つあります。

  • データの再利用を行うため
    ToDoなどはその都度生じるものだという印象もあるのですが,定型的なものは繰り返されます。もちろん,それがある程度予想できるものなら,Repeatを設定しておけばいいだけのことです。しかし,出張の準備などを考えると,これらは定型的でありながら,不定期に生じるものです。あるいは,仕事上のタスクでも見直してみると,定型的なものがあり,これらは最初からToDoを入力する時間的なコストが削減されるだけでなく,実際のアクションにおいても,すでに定型的な形でToDoがもれなく書き出されていますから,想定した時間通りに進行するという利点もあります。アナログ時代はこうしたToDoを定型化していくことで作業を効率化してきましたが,今後はこれを利用することになりそうです。

  • フォルダをプロジェクトとして扱ってきたので,終わったものからそれを削除していくため。
    これはProバージョンにすると,必要なくなってしまう可能性が高いのですが,サブタスクがこれまでAppigoToDoにもToodledoのFreeバージョンにも用意されていませんでした。そのため,フォルダをプロジェクトとみなして,ここにそのプロジェクトにかかわるタスクを入れていました。しかし,いくつかのプロジェクトが並行して,なおかつそのプロジェクトが小さなものもあったりして,フォルダの数が増えてきました。それを削除するためにはいったん書き出しておく必要があると考えていました。ただ,こちらはあまり必要ないのかもしれません。

いずれにせよ,このProバージョンへのアップグレードと前後して,AppigoToDoもバージョンアップしてプロジェクトを扱う仕様に変更されました。少し触ってみたところ,Proバージョンとうまく同期しているみたいですので,このあたりも後日報告したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.06

マルチプラットフォームでアウトラインを使うには?〜JeditX2編その3

さて,前回まででJeditX2で疑似アウトラインプロセッサを完成させたのですが,実はアウトラインの一覧性を高める方法がありますので,それを紹介したいと思います。

実は,JeditX2にはスクリプト機能があります。といっても,基本的な使い方はアップルスクリプトです。もちろん,スクリプトを使用したことがない人にとってはちょっと手を出しにくいものですが,ここでは私が使っているスクリプトをそのまま紹介しておきたいと思います。

property findtext : "^[◆[ ◆]].+"
tell front document of application "Jedit X"
	clear bookmarks
	findAll string findtext with grep and select all
	set resultcount to (count of the result)
	set selected character range to {loc:1, len:0}
	repeat with countno from 1 to resultcount
		find string findtext with grep
		bookmark
	end repeat
end tell

これをこのままコピーして新規スクリプトをスクリプトウィンドウから選択して保存。そして実行すれば,ブックマークに項目一覧が下のように出てきます。


PowerMacG4

私はスマートインデックスよりもこちらの方を多用しています。ただ,スマートインデックスがダイナミックに項目を拾っているのに対して,こちらのブックマーク機能を利用した項目一覧はスタティックですから,スクリプトを実行してはじめてブックマーク一覧が更新されます。この点でスマートインデックスにアドバンテージがあるのですが,私はアウトラインが常に一覧できるという点でこちらのブックマーク機能のほうが好みに合っているため,これを今でも利用しています。

よろしければどうぞ (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

マルチプラットフォームでアウトラインを使うには?〜JeditX2編その2

前回は,JeditX2のスマートインデックス機能を用いて項目間を移動する方法を紹介しました。

今回は,その項目の視認性をあげる方法です。テキストファイルですから,基本的にはフォントデータは保存されません。つまり,項目だけフォントを替えて視認性をあげるということはできないわけです。しかし,スマートインデックスと同じように,項目に何らかの法則性をもたせることでそれをクリアすることができるのではないかというのが,今回の試みです。

JeditX2には“カラーリング”機能があります。これは,HTML等のマークアップ言語やプログラミング言語で視認性を高めるための機能ですが,これを使うことで擬似的にアウトラインプロセッサのように視認性をあげることができます。


PowerMacG4

上のスクリーンショットのように“構文カラーリングセット”に新しく“Outline”を作成し,カラーリングについて設定していきます。これは先日書いたスマートインデックス機能と同じように設定すればよいのですが,その行の終わりを意味するように,改行(¥n)を指定しておきます。

後は,対象ファイル名に“outline”と入れておくと,ファイル名に“outline”が含まれていれば,開いた時点でカラーリングされた状態になります。

実は,前回取り上げたスマートインデックスはこのカラーリングと連動していて,ここで新しいカラーリングセットを作成すると,スマートインデックスにも同様にセット名が表示されますから,ここに先ほどのカラーリングと同じように下のスクリーンショットのように設定すると,カラーリングされた項目がスマートインデックスされることになります。


PowerMacG4

これで,ほぼアウトラインプロセッサのようにJeditX2を使用する設定はできたのですが,次回はスクリプトを使ってもう少しアウトラインプロセッサの使い勝手に近づけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.04

マルチプラットフォームでアウトラインを使うには?〜JeditX2編その1

さて,前回までで秀丸の方は解決しました。おそらくこちらは私なんかが書くよりも,多くの人がいろいろと書かれているので,そちらを参考にしていただいた方がいいように思いました (+_+)\バキッ!

ところで,Macで常用しているエディタはJeditX2です。こちらはJedit2.0のころから使っていましたが,本格的に使うようになったのはやはりYooEditが使えなくなったMacOSXに移行してからです。ただ,これもよくできているソフトで,なおかつ頻繁にアップデートをしているので,安心感があります。

このJeditX2ですが,アウトラインエディタのように使うというふうに大上段に構えなくても,スマートインデックス機能がありますので,そこで項目の目印を正規表現か何かで設定すればOKです。

こちらは秀丸ほど詳細な解説があまりありませんので,少し詳しく書いておきます。

例えば,項目の目印が次のようだったとします。

◆項目1
 ◆項目2

項目すべての文頭に“◆”をつけているとしたら,スマートインデックスを次にように設定します。


PowerMacG4

なお,ここで“Outline”となっているところは“一般書類”になっていると思いますので,そのまま“一般書類”で同じように設定してみてください。

すると,


PowerMacG4

の画面の左上の“スマートインデックス”を押すと,このように項目だけが表示されるようになります。

次は,もう少しアウトラインエディタとして使う工夫をしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.03

ToodledoのToDoデータ保存,う〜ん,こまった(>_<)

以前ToodledoのToDoデータ保存のための書類をFileMakerProで作成したことを書きました。

それで今日月末なので,今月分のToDoデータを保存しようと,CSVファイルで書き出すと,1週間分しか出力されません。そんなはずはない!6ヶ月保存されるはずだ!とToodledoのHelpを見てみると,なんと完了したToDoデータは1週間分しか見ることができないということ(CSVファイルでの書き出しについてはその期間について見つけることはできませんでしたが,おそらくそうなのでしょう)。

もちろん,6ヶ月分のToDoデータは保存されていて,それを見たければ,Proバージョンへアップグレードしろということでした。年間わずか$14.95,日本円で1500円程度ですから,払えばいいのですが,これまでFreeバージョンで問題なしと考えていただけに,ショックが大きいです。

まぁ,サブタスクやオートスケジューラ,統計等が使えるようになるというメリットはあるものの,はてどうしたものか……

もう少し早く気づいていたら,1週間ごとに書き出して保存という作業をしていたのでしょうが,それに1週間1度同じような手間をかけるよりは,1ヶ月に1回ですむ(というよりも半年に1回でもよくなる),Proバージョンのほうがよいのかもと感じはじめています。

う〜ん,悩む……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.02

マルチプラットフォームでアウトラインを使うには?〜秀丸編

秀丸での問題は,アウトライン解析がファイルタイプごとにしか設定できないことです。そのファイルタイプも拡張子によって決定されるという頑固さです。これだけ多機能なエディタなんだから,ファイル名でファイルタイプを分類する機能があってもいいのにと思うのですが‥‥‥

どのように解決すべきかを思案していたら,秀丸の公式サイトにあったマクロで解決できることがわかりました。その名も“アウトライン解析ツリー表示の解析方法を変更 v0.2”です。そのままですね (^_^;

そのマクロをインストールして使用してみたところ,確かにうまくいきました。ただ,Macを使ってきた私にとっては,秀丸もそのマクロの設定方法も若干わかりづらく,少し時間がかかりましたが (^_^;

これでAspireOne側で疑似アウトラインエディタを使用する環境が整いました。次はMacでどのように実現するかを考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.01

マルチプラットフォームでアウトラインを使うには?〜準備編

Windowsでは秀丸というエディタを使っています。こちらはアウトラインエディタとしても使うことができるような工夫がなされています。これを使うことでマルチプラットフォームで動作するアウトラインエディタを探す必要がなくなります。ただ,こちらは拡張子を判断して,拡張子ごとにアウトラインを解析します。私が使用する文書はほとんどテキストですから,これではすべてのアウトラインの書式を統一しなければなりません。まず,この点をクリアする必要があります。

問題はそれにとどまりません。Macで常用しているJeditX2にはアウトラインを解析する機能はありません。これをどう克服するかという問題もあります。

ところで,アウトラインエディタに必須の機能は何か? う〜ん,いきなり大きなテーマで問いを発するときはたいていブログネタ切れなんです (+_+)\バキッ!

アウトラインエディタは文章(書)のアウトライン構造を把握することにあると思います。もちろん,欲をいえば,そのアウトラインを階層構造間で自由自在に移動できることがあると,執筆を助けてくれるでしょう。

それをテキストエディタで実現しようとすれば,ソフト側で対応していなければなりません。しかし,管見ながら,そのようなエディタには出会ったことがありません。

そこで常用しているJeditX2でできないかを考えてみました。

まず,アウトライン構造を把握するだけなら,項目の目印をつけるだけで把握可能です。これでJeditXのほうは解決しそうです。

次回からこれらの諸問題を解決する方法を考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »