« iPhotoUploader | トップページ | Acer Aspire oneをポチっちゃいました (^_^; »

2009.04.05

『趣味の文具箱』Vol.13と私のこだわり

『趣味の文具箱』Vol.13が発売されました。


IXY Digital 800IS

Vol.1lからずっと読んでいますが,ほんとに「趣味」になってきていますね……

まだ,このブログ上ではあまりはっきりはしてませんが,私はかなりの文具好きを自認しています (^_^; そういう人間からすると,高級品志向が強いかなって印象があります。まぁ,鉛筆ならかければいいじゃんというのが普通の人の感覚でしょうから,私のような文具好きも高級品志向も同じ穴のムジナということでしょうが (^_^;

偶然にも『趣味の文具箱』Vol.13の特集は「万年筆使いの愛用品」でして,万年筆に対するこだわりが綴られていました。そこでたいしたことではないですが,私の文具に対するこだわりを少しばかり。

  • 文具は道具である。
    私は文具好きですが,宝飾品のようなものとして好きだというのではなく,常に使うものとして好きなわけです。ただ,道具ですから,使いやすい/使いにくいという感覚がそれぞれにあると思います。これまで何度か登場した伯父に連れられて小さい頃から文具店をまわってきたので,自分にとってしっくりとくる道具があるはずだという確信はもっています。まぁ,確信ですから,当然ながらそのような道具に出会えない可能性もあるのですが (^_^;

  • 文具は使ってこそその真価を発揮する(はず)。
    文具を飾っておいておく,あるいはコレクションとして収集するというのではなく,道具として最も使いやすいものを探し,それを使うことで生産性を上げるということが私にとっての文具の意味です。

  • とはいっても,少しばかりセンスを気にする (^_^;
    これだけだと,例えば,ノートはキャンパスノートを持ち歩けばいいということになります。それでもいいのですが,それなりの年齢になると,まわりの目も気になりますし,洋服や持ち物との統一感も気になります。そうした観点から使い勝手の酔い道具でありながら,少しばかりセンスのよいものを探すことになります。

といったような考えがあります。万年筆も同様の基準で選んでいますので,宝飾品のようになってしまうと,違和感があるんですよね〜

とはいいつつ,Vol.14が出たら,また買ってしまうのでしょうが (^_^;

|

« iPhotoUploader | トップページ | Acer Aspire oneをポチっちゃいました (^_^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9082/44523023

この記事へのトラックバック一覧です: 『趣味の文具箱』Vol.13と私のこだわり:

« iPhotoUploader | トップページ | Acer Aspire oneをポチっちゃいました (^_^; »