« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.30

数日前のことですが……

所用があり,青森市に行ってきました。

すると,桜は満開。この時期に桜が満開なのは当地では当たり前なのですが(例年よりも早いくらいだそうです……),その日は午後から雪が降りました!!!そのうえ積もりました!!!!って表現が乏しいなあ (^_^;


iPhone 3G

建物の中にいたのですが,午後から雪が降っていることは窓越しに確認していたものの,いざ外にできるとうっすら積もっています。

自動車で移動中にどうも山桜らしい木に雪が積もっている写真も撮ってみました。

いや,ホントにびっくりです (^_^;


iPhone 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.29

iステラ

iPhoneで星空を見ることができるAppはいくつかありますが,AstroArtsから出ているiステラを購入してみました。

このAstroArtsという会社,私は知らなかったのですが,天文分野ではけっこう有名だそうです。今回このiステラを購入したのは,子どもが市が主催している天文クラブに1年間通うことになったのがきっかけなんですが,その講師の方がパソコンではAstroArtsのソフトをすすめていらっしゃいました。

かなり以前に描いたのですが,妻と家族が使用するPCはiMacでして,このAstroArtsが作っているソフトはインストールできません (;_;)

仕方がないと思っていたら,iステラが!!

iPhoneのAppとしては高価な1000円ですが,AstroArtsの他のソフトに比べてば破格です。すぐに買っちゃいました (^_^;


iPhone 3G

まだ,実際の星空の下で使っていないですが,これを見ているだけでも十分楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.28

テキスト整形の現在

昨日テキスト整形を習熟する契機となった2冊の本を紹介しました。

ただ,今これらの本に書かれていることがすべて必要かというと,むしろ無駄なところが多いかもしれません。例えば,当時私はFileMakerPro4を使用していましたが,それに取り込むデータを整形するために,awkをよく使っていました。awkは私が理解したところでは,データベースのデータを処理するのに適しています。レコード内のフィールドを入れ替えるなども簡単にできます。

ですが,今ならフィールドの入替はFileMakerProでも取り込み時にできますし,Excelを使用すればコピー&ペーストで明示的に操作することができます。私自身,Excelを使用しはじめてから,awkを使用することはほとんどなくなりました。

また,sedはスクリプトを組むことで複数置換を一気に行えるという点でかなり長い間使い続けてきました。しかし,JeditX2には複数置換の機能がありますので,sedをわざわざ利用しなくても簡便に置換作業を行うことができます。

ただ,これまでのテキスト整形に習熟したことが無駄になったかというと,そうではありません。正規表現だけは現在に至るまで,私のテキスト整形のスキルの基本になっていますし,正規表現を知っていたことで,無駄な労力を割かずにすんだのではないかと思います。

今後PCの処理速度が上がっても,あるいはアプリケーションが多機能化をしても,おそらく正規表現だけは置き換わるべきものが登場しにくいように思います。確かに,MS-WORDにはあいまい検索というのがありますし,文頭や文末の文字を探すこともできます。ですが,意図した処理を大量にかつ高速に行うということでいえば,まだまだWORDの検索置換機能は正規表現には及びません。そう考えれば,正規表現は覚えておいて損はないスキルではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.27

テキスト整形への道

大げさなタイトルをつけましたが,私がテキスト整形を勉強した際に利用した本を2冊紹介したいと思います(調べてないですが,どちらももう買えないかも……)。

  • 中島靖『日本語TEXT加工入門ハンドブック---簡単に覚えるPerl & 正規表現』1997年,星雲社
    最終的にはPerlでテキスト整形を行うことを目指していますが,前半の正規表現を読むだけでもこの本の価値はあります。この前にも後にも正規表現の本を何冊か読んでみましたが,これほどわかりやすく,それでいて初心者から中級者へと導いてくれるものです。私自身,この本を読んでから,正規表現をより深く理解したと思います。ただ,後半のPerlは挫折してしまいました。

  • 『MS-DOS テキストデータ料理学---sed,awkのあるUNIX流パソコン環境』1992年,翔泳社
    この本はニフティサーブ内のテキスト関係のフォーラムで薦められた本です。当時,このフォーラムではこの本が絶賛されていたように思います。当時すでに注文したものの品切れで「品切れでした」と書き込んだら,仙台のある書店で売っているとの情報が!ちょうど当時仙台に住んでいた私はすぐに原チャリを飛ばして買いに行ったのでした (+_+)\バキッ!
    でもさすがに絶賛されていただけあって,わかりやすいし,網羅的です。この本も何度も読んで,かなりいろんなことを身に付けられたように思います。

他にも手許にはあるのですが,さしあたってはこの2冊が私にとって正規表現,そしてsedとawkに習熟できたきっかけになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

自転車通勤をGPS記録する

以前,iPhoneをGPSロガーとして使うシリーズを書きました。

ただ,写真のGPSタグを埋め込むにはかなり手間がかかるので,頓挫したままです (^_^;

そこで最近凝っているのは,自転車で通勤する際に,iTrailでログをとり,それを帰宅してからTrailRunnerに取り込みます。毎日自転車で通勤しているわけではないのですが,ルートが多くなっていくのを見て楽しくなっています (^^)

ただ,TrailRunnerの使い方が正しいのかどうかがよくわかりません。取り込む度に「ルート」が増えていきます。通勤で通っているルートはほぼ毎回同じですから,これはルートじゃなくて,トレーニングにならなきゃならないはずなのですが……GPS精度の問題もあって,ルートが毎回若干ずれていることが問題なのかもしれません。

もう少し使っているとわかるのかな…… (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

B-Mobile 3Gを購入しました。

B-Mobile 3Gをご存じでしょうか?

日本通信というMVNO(Mobile Virtual Network Operator,仮想移動体サービス事業者)が,NTTドコモのFOMAネットワークを利用して提供しているモバイル用の機器です。

iPhoneをもっている私がなぜこれが必要なのか?

職場と家を往復しているだけなら,どちらにもネット環境がありますし,通勤途中やちょっとした外出時にはiPhoneで十分です。

しかし,今年から数年,出張が多くなる見込みです。その準備と先日購入したAspireOneをまさにネットブックとして使用するために,購入したわけです。

他にもいろいろな方法が考えられました。例えば,イーモバイルで契約する,など。しかし,B-Mobile 3Gを選んだ決め手は,B-Mobile 3Gの通信エリアの広さとプリペイド式であるということの2点でした。

とはいっても,まだ一度も接続していません。だって,まだ使うタイミングがないんです (^_^;

使ったらレビューしたいと思います(AspireOneで使うか,MacBookで使うか思案中です (^_^; )。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.24

PocketMoneyを購入

PocketMoneyという出納管理ソフトが値下げされていたので買ってしまいました。

とはいうものの,まだ残高を入力しただけで,使っているというほど使っていないのですが (^_^;

まぁ,このソフトを使いたいがためにお金を使うというのは本末転倒ですので,とりあえずはしばらく使ってみることにします。ただ,やっぱりアナログと併用になると思いますが (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

アウトラインエディタ遍歴 (^_^;

Macではアウトラインエディタを多用していました。一番最初は,PowerMac7600を購入したときか,スキャナを買ったときか,忘れてしまいましたが,もらったCD-ROMに入っていたアイデアストーム2.0。これを使いはじめてから,体系的に文章を書くことができるようになったように思います。

このアイデアストームですが,おそらく1997,8年頃から2003年頃にMacOS9を使い終えるまで,エディタと併用しつつ,私が書く文章の大半を作ってきました。MacOSXでも動くアウトラインエディタに移行する必要から,Kacisノートを
使っていた時期もありましたが,あまりの独特の使い勝手にすぐに使うのをやめましたので,結局,一番長い間アイデアストームを使っていたと思います。

MacOSXに以降してから,アイデアストームと同じような使い心地のアウトラインエディタに出会うことはありませんでした。Kacisノートも使ってみましたが,MacOS9時代に使ったのと同様,あまり良い使い心地とはいえませんでした。

それで結局,エディタで文章を書くようになっていきます。ただ,TeX用のエディタでTeXShopというソフトがあったことが幸運でした。確かにこれはエディタなのですが,タグをすぐに参照できるようになっていました。デフォルトでもchapter,sectionといったタグにすぐにジャンプできるので,アウトラインエディタではないものの,文章の構造を意識しつつ,書くことができました。

ただ,TeXShopは基本的にTeXで使用するソースファイルを作成するものです。一般的な文章にはあまり合致はしていません。そうしたものは,JeditXで作成していたのですが,しかし,箇条書きで書くには少し使い勝手が悪いので,最近ではOmniOutlinerを使うようになっていました。これは文章を作成するというよりも,箇条書きでアウトラインだけを作成することに特化したソフトです。最近,箇条書きの文章を多く書いていましたので,このOmniOutlinerのファイルも多くなりました。

さて,ここまでがつい最近までの私のアウトラインエディタ遍歴です。ここで問題となるのは,AspireOneとのデータの共有ですが,それについてはまた日を改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.22

ルーズリング(CARL)とツイストリングノート(LIHIT)

今はB6ノートを雑記帳として使っているのですが,測量野帳を使ってから,方眼ノートのファンです (^_^;

それでマルマンのルーズリーフをCARLのルーズリングで綴じて会議や聞き取りのときに使用しています。基本的にリングノートが好きなのですが,方眼のリングノートにお目にかかったことがないので,このように自分の好みで中身を替えられるのが魅力です。

しかし!このルーズリング。私の住んでいる街には売っていないようで (;_;) 出張でよく行く仙台でも駅前の文具店やロフトには売っていません (;_;) それで私が使っているものは,帰省した際に神戸のナガサワで購入したものなんですよね。

それで今日それと似たコンセプトの商品があったので,いつか購入する日を夢見て書いておくことにします(おそらく私の住んでいる街で販売されることはないだろうから…… (;_;) )。

LIHITのツイストリングノート。これはリングノートを基本として,開閉できるようにしたもののようです。だから,私が今までしていたように,ルーズリーフとルーズリングを別々に買う必要はなさそうです。ただ,ノートは横罫だけのようです。

方眼ノートって需要がないのだろうか…… (;_;) って今日は (;_;) の顔文字ばかりだ (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21

AspireOneにGoogleDesktopをインストール

MacではSpotlightがあるので探したいファイルを探し出すのは容易ですが,目的のファイルを探し出すために,AspireOneのように小さな画面でいちいち開いては閉じての作業をするのは,効率的ではありませんので,MacにはインストールしていないGoogleDesktopをインストールしてみました。

まだ使い始めたばかりですが,Spotlightとの比較で1点だけ気になるのが,フォルダの検索。GoogleDesktopのヘルプによれば,特定フォルダ内の検索はできないと書かれていますが,フォルダ名の検索はできるはず。しかし,フォルダ名そのものずばりで検索しても,フォルダ名ではなくて,他のファイルが検索結果として出てきます。

これは何か工夫することでクリアできるのかもしれませんが,さしあたってはこの点が少し困ったところでしょうか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

AspireOneとMacとのデータ共有〜外付HDD編その1〜

AspireOneとMacのデータ共有については,基本的にはDropboxを用いてデータをSyncするという方法に落ち着きました。

しかし,すぐには使わないものの調べ物をするときに使う可能性のあるPDFで取り込んでいる資料や自分で作った文書等についても,AspireOneに入れておきたいところです。

そこでまず考えたのは,外付HDDにデータのみ置いておき,使用する際に接続するという方法。しかし,これではいつもHDDを持ち歩かなければならず不便です。

次に考えたのは,データだけ外付HDDを使ってSyncするという方法。さしあたっては使っていないファイル群ですから,この方法が現実的です。ただ,ここで問題が…… (;_;)

今まで外付HDDについてはMacがUNIX由来のOSであることを最大限利用して,rsyncで同期するシェルスクリプトを作成し,それを実行することで文書の同期を図ってきました。しかし,Windows素人の私には,これをどう解決したものか……実は,Scansnapで取り込んでいるPDFファイル群は日々増殖していきます。これらはさすがにDropboxで同期するにはファイルサイズが大きいので,外付HDDが現実的だと思うのですが,Syncしないことには使えない……というジレンマです (;_;)

とりあえず,文書の入っているフォルダをすべてAspireOneにコピーしたところで今日のところは終わりです (+_+)\バキッ! オイオイ!解決してないって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

AspireOneのケース by ダイソー (^_^;

AspireOneのケースをダイソーで購入したことはすでに書きました

もちろんそれなりのものですが,AspireOneについてきたケースはサイズがきっちりしていて出し入れが不便,鞄に入れるには若干不安が残る,等の理由で,暫定的にケースを購入しようと思ったわけです。後は,6セルバッテリを購入するかどうかを迷っていることもあって,現状の3セルバッテリのサイズでぴったりのものを購入すると,後々困るなぁ……などと考えているうちに,ダイソーに行く機会があり,衝動的に購入したわけです。


IXY Digital 800IS

これが全景 (^_^;


IXY Digital 800IS

AspireOneと比べると若干大きいですが,使い心地はまずまずです。6セルバッテリを購入するかどうかを含めて,しばらくはこれを使っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.18

そういえば……iPhone for everybody

すでにiPhoneを所有している人向けのiPhone for everybodyキャンペーン受付が,4月1日からはじまっています。

2月末にこのキャンペーンがあることを知ってから,いろいろと考えてきたのですが,毎月上限までパケットを使う生活をしていると(というよりも,私が契約した当初は段階課金制ですらなかったのですが (^_^; ),このキャンペーンに申し込まざるを得ません。新機種が出ても,しばらくは購入しないと思いますので,とりあえず,申し込むことにしました。

近所のSoftBankショップに行き,申し込みたいと申し出て,免許証を提示して,サインして終了。5月から新料金の適用ということでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.17

AspireOneのメモリとHDDのチェック完了!

リフレッシュ品ですので保証期間は3ヶ月しかありません。そこで以前から気になっていたのはメモリとHDDの初期不良。いまのところ問題なく動作しているのですが,時間があるときにチェックしてみようと思っていたわけです。

そこで,少し時間がありましたので,メモリとHDDをチェックすることに。メモリはmemtest86+をUSBメモリから起動して実行。かなり時間がかかりましたが,クリアしました。HDDはWindowsXPの標準機能である「エラーチェック」からチェックしました。こちらもクリア。

これでAspireOneについて気になっているのは,予備バッテリ,ACアダプタ用のケーブルの購入とケースをどうするかですね。といいつつ,ケースについてはダイソーでそれなりのものを買ってしまいました (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.16

AspireOneで電子辞書

AspireOneを購入してから,MacOSXをインストールするという誘惑に駆られながらも,結局Windowsで使用していくことを決意しました。ライセンス上の問題というのもありますが,今は仕事が忙しくて,数時間まとまってAspireOneに向かっている時間がないのがもっとも大きな要因です。

それでいかに使いやすいWindows環境を構築するかということが目下の課題です。さしあたってエディタとOffice類はインストールし,データの同期もDropboxを使って行っていますので,ほぼ環境は整いつつあります。後は,オフラインで調べ物をする際に必要になるであろう,辞書類を入れることにしました。

EPWINGの辞書類をいくつか取り込み,EBWinというビューワを入れて使うことにしました。まぁ,使い勝手はいままでとは異なるのは仕方がないとしても,まずまず環境が整ってきました。

ここ数日分のブログはAspireOneから書いていますが,キーボードは思ったよりも快適です。MacBookよりも小さいのですが,それほど打ちにくいという印象はありません。pomeraと比べると,折りたたみではない分,安定して打つことができます。ただ,WindowsとMacOSXでのキー配列が若干異なるのになかなか慣れないのが問題といえば問題のようです‥‥‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.15

AspireOneとMacとのデータ共有〜オンラインストレージ編〜

AspireOneを本格的に使いはじめると,職場のPowerMacG4,自宅のMacBook,AspireOneとのデータの同期が問題になります。これまではPowerMacG4とMacBook間でUSBメモリを利用してデータの同期を行ってきました。

しかし,AspireOneと同期する際,シェルスクリプトを使う方法は使えません。また,MacOSXでしか使えないファイル形式もあります(MacOS9でしか起動しないアプリのファイルもまだ残っています (^_^; )。

そこでAspireOneは一時的なファイル群やAspireOneを使うことが想定される会議等で用いるファイル群だけがMacOSXと共有できればよいと考えることにしました。ただ,その際,データの同期はできるだけシームレスに行いたいので,オンラインストレージを用いることにしました。

真っ先に思い浮かぶのが,今iPhone,Macで同期に使用しているMobileMe。ディスク容量は20GB(メール容量等を含む)ですから,私が使うであろう資料のほぼすべてを同期するだけの容量があります。ただ,MacではiDiskをオフラインで扱うことができますが,Windowsではオンラインが前提。イーモバイルを使っているわけではない私には,オンラインが前提だと使えない場合が出てくることになります。

そこで,以前Macを使っているだけではMobileMeに対して優位性を見いだすことができなかったDropboxを調べてみたら,オフラインで使うことができる模様。Windows,Mac,iPhoneでデータを共有でき,2GBまで使用できるので,上に上げた一時的なファイル群の共有には十分な容量です。

しばらくはDropboxを使用していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.14

AspireOneとMacとのデータ共有〜ディスクフォーマット編〜

AspireOneとMacというよりも,WindowsとMacのデータをどう共有するかという話です。今回は,フォーマットについて。

以前書いたように,職場と自宅のMacでのデータの同期は,USBメモリに必要なデータだけをSyncさせています。といっても,そのデータだけで4GBほどあります (^_^; 1年ほど前に8GBもあれば十分だろうと思っていたのですが,そろそろさらに容量の大きなUSBメモリが必要になりそうです。

さて,このデータをWindowsと共有する場合,まずはWindowsでも読むことができるファイルフォーマットである必要があります。それについては後日書きたいと思いますが,それ以前にディスクフォーマットも統一しなければなりません。

まぁ,基本的にはFAT32でフォーマットしておけば,どちらのOSでも問題なく使用することができますので,それでいいはずですが,以下のような制約があります。

  • WindowsXPでは32GB以上のフォーマットをすることができない。
    Microsoftのこの記事によれば,32GB以上を新規にフォーマットすることはできないようです。ただ,Macのディスクユーティリティを用いれば,32GB以上のフォーマットも可能です。
  • FAT32は4GBまでのファイルしか扱えない。
    これに気づくまでにはかなり時間がかかりました (^_^;

実はしばらくFAT32を使ってデータのやりとりをしていたのですが,あるとき4GBを超えるファイルを移動させようとしたら,

というアラートが!なぜこうしたアラートが出るかがわからず,しばらく悩んでいたのですが,結局FAT32が原因ということが判明。4GB以上のやりとりをする場合いくつかの選択肢がありますが,MacにNTFSフォーマットのディスクを読み書きできるようにする方法を選択することにしました。

を順番にインストールするだけです(インストールするごとに要再起動)。その結果,4GB以上のファイルも読み書きできるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.13

iPhoneからFlickrへのアップロード

ご存じのように(ってホントか (^_^; ),このブログの写真はすべてFlickrにアップロードしたものを使っています。

デジカメについてはいずれ書きたいとは思っていますが,今までアップロードしたものは,IXY Digital 800ISとDMC-LX3を使っています。これらは前にも書いたとおり,MacにiPhotoに取り込み,iPhotoUploaderを用いてアップロードしています。

iPhoneのスクリーンショットも同様に,以前はiPhoto経由でアップロードしていたのですが,最近は“Filckit”というiPhoneのソフトからアップロードしています。


iPhone 3G

iPhoneにはFlickrへのアップロードができるAppがいくつかありますが,これは非常に簡単にアップロードすることができます。少し前のアップデートで日本語にも対応しましたし。

とはいっても,いまだにiPhoneからブログの更新はできてません。これもAspireOneから書いていますから,あまりiPhoneからアップロードする意味はないのかもしれませんが (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

バケツ稲,届く

このブログにはあまり似つかわしくないテーマですが (^_^;

JAが無償で提供しているバケツ稲に家族4人分応募していたのが,昨日届きました。


iPhone 3G

育て方の冊子,4人分の種もみと肥料。日本晴とコシヒカリを2セットずつお願いしました。

実は,家庭菜園の申し込みもしています(当選したかどうかのお知らせはまだですが‥‥‥)。何をロハスな!と思われるかもしれませんが,子どもたちがこういった土いじりが好きなので,それで応募した次第です。

家庭菜園とバケツ稲,どちらも変化があればまた報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.11

さてさて,AspireOneのバックアップはどうするか……

AspireOneを毎日触っているものの,pomeraを使用していた場面がAspireOneに置き換わっているだけなので,AspireOneをどうこうするというところまで触っていないのが正直なところです。

ただ,使っていて非常に気になっていることがあります。バックアップCDがないということ。これはすでに書きましたが,バックアップCDがないということは,HDDを搭載しているモバイルPCとしてはかなりリスキーな状態です。早急にバックアップCDを作成したいのですが,その手順についてはいろいろと書かれているWebサイトを見つけてはいるものの,いまだにバックアップを作成するにはいたっていません。

日々の仕事に忙殺されて,大事なバックアップをとらなかったなどということがないように,今週末にはじっくり研究してなんとかバックアップを作成したいと思います。

落ち着いたら,pomeraとの比較もしたいですね。あと,Macとのデータの共有をどのように進めるのかということも考えてみたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

AspireOneのケーブルはどうにかならんのか!

AspireOne本体はホントに小さいという印象です。これだけ小さいとコンパクトに持ち運びができるはず……が!!ケーブルがごついんですよね。これは巷でもいわれていることなのですが,本体がこんなに小さいのに,この部分を工夫することはできんかったんか!

電源関係はおそらく法律とか安全上の制約があってこうなっているんだろうと思います。ただ,同じようなことを考える人が多いようで,サードパティー製のケーブル等が販売されているようです。

しかし,田舎住まいの私はさしあたってケーブルが売っている店もなく,通販で買うしかないわけですが,そうなると送料のほうが高かったりして,悶々としているだけでなかなか決着がつかないところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.09

AspireOneのバッテリは弱すぎ (;_;)

AspireOneネタが続きます。

AspireOneを使っていて気づくのはバッテリのもちが悪いということ。無線LANを使ってると,バッテリはみるみる減っていきます。標準でついてくる3セルのバッテリは非力すぎるので,6セルバッテリを購入しようかどうか思案中です。

とはいうものの,本体価格に比べて,バッテリの値段が高いので,さしあたって外で使う機会が少ない私の場合はケーブル接続でしばらくは使用してみたいと思います。

まぁ,会議で使っているだけなら,テキストファイルを扱っているだけなので,それほどバッテリを消費することなく,使うことができますので,しばらくは大丈夫だと自分に言い聞かせることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.08

AspireOne復帰できず→解決 (^^)

さてさて,AspireOneが届いて以降,慣れるためにけっこう使っています。

Windows機を自分のPCとして使うのは,98SE以来。MacBookのBootCampやParallelsDesktopでWindowsXPを使用していますが,Windowsだけしか動かないPCは98SE以来ということで戸惑うことばかりです。

まず一番戸惑っていたのは,AspireOneの「スタンバイ」(Macでいう「スリープ」)状態からの「復帰」。Mac同様,電源ボタンを押せば復帰だと思っていたのに,何度やってもうまくいかない。それで仕方なく,強制終了をして,再度起動という手順を踏んでいました。

実は,これは問題だということに気づくのに数日かかりました。というのも,1回だけ正常に「スタンバイ」→「復帰」を行うことができたからなんですよね。だから,何かの拍子にできて,できないことがある程度にしか考えてなかったのですが,会議でメモを取っていたときに,閉じて「スタンバイ」になった後に「復帰」できず,強制終了→再起動という手順が何度かあり,調べてみました。すると,これは問題らしい (+_+)\バキッ!


AspireOneWiki
には,「スタンバイから復帰できないことがある」の項目に「インストールしたソフトの問題という噂も?」という記述があるだけ。

それで検索してみると,価格.comの投稿のなかに「デバイスマネージャ」で「Webカメラを無効」にすれば改善するとの記述を発見!

そのとおり設定してみたところ,今のところ快適に「スタンバイ」→「復帰」ができるようになりました。

私の不具合は,「スタンバイ」から「復帰」できないなのではなく,「スタンバイ」に入れない,ということだったんですよね。電源ボタンが「グリーン」から「オレンジ」にかわって,「スタンバイ」になるということさえわかりませんでした (^_^;

ともあれ,まずは1つ,問題解決です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.07

AspireONEが届きました (^_^)

レビューや使い方などはこれからおいおい書いていくとして,ファースト・インプレッションを。


IXY Digital 800IS

とりあえず,その箱の小ささに驚きます。UMPCをいままで電機店で見たことはあったものの,触ったこともなかったので,まず箱のサイズに驚きです。

それで箱を開けていく際に,一番気になっていたのは,Refresh品ということで「傷あり(やや目立つ傷やへこみあり)」とわざわざ明記して販売されていたこと。どの程度の傷があるのか……と心配して開けていったのですが,どう見ても目立つ傷はありません。これはラッキーでした。UMPCが25000円程度で買えただけでなく,新品同様だったことに驚きです。

あえていえば,ケーブルとマニュアル類類がどう見ても「使いました!」という感じに雑に入れられていたことくらいでしょうか。いやいやこの程度なら問題ないですよ!

それでもう一つ驚いたのは,リカバリCD(あるいはDVD)がないこと!全部を取り出してから,何度見てみてもCDがない!おどろいて販売店に問い合わせようと思ったのですが,マニュアルを読んでみると,HDD to HDD(D2D)でリカバリをするということがわかりました。いや〜,こんなことも調べるに購入するとは我ながら驚きです。

明日以降は,少しずついろんなことに挑戦してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.06

Acer Aspire oneをポチっちゃいました (^_^;

いや〜,いわゆるUMPC(ウルトラモバイルPC)に対しては,pomeraをすでにもっているので,冷ややかな態度をとっていたのですが,今日Acer Aspire oneがRefresh品(返品されてきたものを再生したもの)としてあまりの安さで売られていたので,まさに衝動的にポチってしまいました (^_^;

pomeraとの価格差はわずか7000円!そのうえ,120GBのHDDも搭載しているとなれば,買わずにはおられません。

さしあたっては,pomeraと併用していきたいと思いますが,主な用途はダブりますね。いや〜pomeraを絶賛していただけに自分が情けないです (+_+)\バキッ!

巷ではこれにMacOSXをインストールするなどということもしているようですが,ライセンス上の問題もありますので,Windowsで運用する予定です。その際に問題になるのは,データの同期等々。このあたりは今後取り上げていきたいと思います。

それにしても,iPhone導入以来,アナログから大きくデジタルへの転回してきていますね。「間」じゃないって (+_+)\バキッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

『趣味の文具箱』Vol.13と私のこだわり

『趣味の文具箱』Vol.13が発売されました。


IXY Digital 800IS

Vol.1lからずっと読んでいますが,ほんとに「趣味」になってきていますね……

まだ,このブログ上ではあまりはっきりはしてませんが,私はかなりの文具好きを自認しています (^_^; そういう人間からすると,高級品志向が強いかなって印象があります。まぁ,鉛筆ならかければいいじゃんというのが普通の人の感覚でしょうから,私のような文具好きも高級品志向も同じ穴のムジナということでしょうが (^_^;

偶然にも『趣味の文具箱』Vol.13の特集は「万年筆使いの愛用品」でして,万年筆に対するこだわりが綴られていました。そこでたいしたことではないですが,私の文具に対するこだわりを少しばかり。

  • 文具は道具である。
    私は文具好きですが,宝飾品のようなものとして好きだというのではなく,常に使うものとして好きなわけです。ただ,道具ですから,使いやすい/使いにくいという感覚がそれぞれにあると思います。これまで何度か登場した伯父に連れられて小さい頃から文具店をまわってきたので,自分にとってしっくりとくる道具があるはずだという確信はもっています。まぁ,確信ですから,当然ながらそのような道具に出会えない可能性もあるのですが (^_^;

  • 文具は使ってこそその真価を発揮する(はず)。
    文具を飾っておいておく,あるいはコレクションとして収集するというのではなく,道具として最も使いやすいものを探し,それを使うことで生産性を上げるということが私にとっての文具の意味です。

  • とはいっても,少しばかりセンスを気にする (^_^;
    これだけだと,例えば,ノートはキャンパスノートを持ち歩けばいいということになります。それでもいいのですが,それなりの年齢になると,まわりの目も気になりますし,洋服や持ち物との統一感も気になります。そうした観点から使い勝手の酔い道具でありながら,少しばかりセンスのよいものを探すことになります。

といったような考えがあります。万年筆も同様の基準で選んでいますので,宝飾品のようになってしまうと,違和感があるんですよね〜

とはいいつつ,Vol.14が出たら,また買ってしまうのでしょうが (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.04

iPhotoUploader

Macでの写真の整理は,iPhotoを使っています。顔認証とGPSタグに対応したiPhoto09が出て,新しもの好きの私はすぐに導入しました (^_^;

iPhoto09では08になかったFlickrへのアップロードを標準で搭載しています。が!この機能,FlickrのProアカウントで使うのが前提のようです。というのも,Setが3つしか作れないFree版ではアップロード後,Setを編集しないと,iPhotoが次から次へと新しいSetを作ろうとするからなんです (;_;)

そこで,これまで使っていた“Free Flickr eXporter for iPhoto”でアップロードしようとしてもできず。どうもiPhoto09には対応していないようです。

しばらくはFlickrが配布している“Flickr Uploadr for Mac OS X”を使っていましたが,iPhotoで読み込んだ写真をいったん書き出してアップロードするという手間がかかります。

MacFanの5月号に“iPhotoUploader”が紹介されていて,iPhotoからFlickrへのアップロードができるとのこと。iPhotoのバージョンについては特に断りがなかったのですが,この時期に出た雑誌で紹介されているのだから大丈夫だろうと思い,Webにアクセスしたら09については一切記述なし (;_;)

とはいうものの,ものは試しでやってみると,難なくアップロード完了。“Flickr Uploadr for Mac OS X”ほどに細かな設定はできませんが,これからしばらく“iPhotoUploader”を使ってみたいと思います。ちなみに,“iPhotoUploader”はフォト蔵ほかいくつかの写真共有サイトに対応しているのも魅力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.03

ブログエディタに求める機能

これまでココログの更新は,Web上で行ってきました。MacJournalectoを使ってみましたが,どちらもしっくりときませんでした。

私がブログエディタに求める機能はそれほど多くありません。それは,更新日時を指定できる機能です。MacJournalは起動さえしていれば,その日時に更新される機能があったと記憶していますが,そもそも更新日時に起動できるなら,手動で更新することができると思います。

ブログでたいしたことを書いているわけではありませんが,毎日1回は更新することだけは守ろうとあるとき,自分のルールを作りました (^_^;

このルールは出張時においても適用しようと考えているのですが,その場合出張先からどのようにして更新するかという問題があります。iPhoneをもっているのですから,それで更新すればいいのですが,ブログに書くようなことを出先で考える時間があるかどうかを考えると,出先で更新するのはあまり現実的ではないと判断しました。

Webで編集した場合,更新日時を指定しておけばブログを更新することができます。現在はこの機能を用いているのですが,これはブログエディタを用いてできないようです。

まだまだ,ブログエディタの探索の旅は続きそうです (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.02

大辞林 for iPhone なんちゃってレビュー (^_^;

さて,レビューするなどと予告したわけですが,所感を書くだけです (^_^;

巷で絶賛されているように,このUIはすばらしいです。iPhoneで辞書を引くということの意味をよく理解して作られていると思います。UIはデバイスごとに異なって然るべきですから,PCで辞書を使うのと同じはずはありません。そのことがよく表れた辞書だと思います。

こうしたUIはすぐに飽きるという見方もあるようですが,私はこうしたUIを採用する姿勢や思想に共感したほうですから,飽きるかどうかよりもiPhoneで辞書を引くということをジョブズ流にいえば「再発明」したともいえると思います。

それでは,不満がないのかといえば,そんなことはありません。ってあるのかよ (+_+)\バキッ!

「辞書を読む」という観点からすれば,このUIはすばらしくよくできています。しかし,ある単語を探すとなると,PC上の辞書となんら差異はないどころか,いくらフリック入力が快適だとはいえ,フルキーボードで入力できるPCにはかないません。この点にiPhoneならではの何か新しいUIがあればいいのですが。

また,これはUIを作った会社の問題というよりも,大辞林を提供している出版社の問題になると思いますが,同音異義語の調べ勝手が非常に悪いです。同音異義語で漢字が違えば,別項目からそれを選び出せばよいのですが,例えば,「PC」を検索すると,いくつも項目が出てきて,どれが目的の単語かが非常にわかりにくい。また,単漢字で検索しようとすると,同様の読みをするすべての漢字が出てきて,探すのに苦労します。

とはいえ,広辞苑+iDicとともに大辞林も愛用していきたいと思います(特に時間つぶしに読むには最適です (+_+)\バキッ! )。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

やっと大辞林 for iPhoneを買いました。

デジタル辞書オタクの私としては,iPhoneで辞書を使えるのは魅力的です (^_^;

これまで,PC上ではEPWING辞書を使っていました。MacOS7時代以降,必要に応じて購入してきたEPWING辞書はかなりの数に上りますが,これらが今でも使えるのはありがたいことです。これらはPCで調べ物や書き物をしているときには非常に重宝するのですが,本を読んでいたり,校正をしたりするときには,すでに紹介したとおり,これまでは電子辞書を使ってきました。

ただ,普段の生活のなかで電子辞書を持ち歩くことはありませんから,PCに向かっているときや本を読む,校正をするという作業以外で,辞書を引く機会がなかったのが正直なところです。

iPhoneを購入して以降,スケジュール管理等をiPhoneに一元化しつつあります。私はiPhoneを購入するまで,携帯電話を家や職場に忘れることがしばしばありました。なぜか携帯していないときに限って電話がかかってきたりするわけです (^_^;

それがiPhone購入後,一変!つねにiPhoneを持ち歩くようになりました。当然,そのなかに辞書があれば,どんなときでも思いついたら調べることができるようになります。そこで,これまではEPWING辞書をiDicで使っていました。この中には国語辞典として広辞苑が入っていますから,これ以上国語辞典を購入する必要もないのですが,辞書というのは執筆者によって記述内容が異なりますので,多くもっているに越したことはありません。そこで,以前からそのUIの評判がよい大辞林をようやく購入しました。


iPhone 3G

レビューはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »