« pomeraのいいところとそうでないところ | トップページ | ATOKユーザ辞書の整理 »

2009.03.10

Toodledoのフォルダとタグの使い分け

RememberTheMilkを使っていたからか,Toodledo以降直後は使い勝手の違いに戸惑うところもありましたが,慣れてくると,手放せない存在になってきています。

GTDについてちゃんと理解しているわけではないのですが,今向かうべき仕事に向かうことができるように頭のなかを空っぽにするため,将来にわたってやるべきことを書き出すということが基本だと理解しています。もちろん,今はやりのPDCAサイクル同様に,一定期間でレビューをするということも必要でしょう。

こうした我流のGTDのやり方で,これまで,「今すること」,「プロジェクトにしておくこと」,「いつかやること」と3分類したものを週に1回プリントアウトし,それを日々のToDoに落とし込んで,測量野帳に書き込んで実行していくようにしていました。ただ,ToodledoとAppigo ToDoに移行してから(それ以前のRememberTheMilkの試用期間もそうでしたが (^_^; ),日々のToDoは管理できるものの,プロジェクト全体の管理がうまくできていませんでした。

その原因を考えてみると,ToDoを点として捉えて,まとまりとしては扱っていなかったことに起因するようです。Toodledoのフォルダは例えば「プライベート」や「仕事」といったカテゴリーだと思って使っていたのですが,あるときフォルダの設定画面に“Archived”とあるのを見つけて,ようやく私の使い方が誤っていることに気づきました (;_;)

これまでの私のやり方でいうプロジェクトはフォルダだったんですね。それでタグがいわゆるカテゴリーになるわけです。

例えば,仕事のあるプロジェクトのなかで買物に行かなければならないタスクがあるとします。タグとして「買物」とできるはずです。同様に,プライベートのプロジェクトのなかでも買物に行くタスクは生じます。これもタグとしては同じ「買物」となるわけですね。

プロジェクトは縦糸でタグが横糸と見ることができると思います,ただ,Toodledoにはコンテキストという斜めの糸も走っているので,きめ細やかに日々のタスクを管理することができるということでしょうね。

いやいや,ここまで気づかないのは我流のGTDだからなんでしょうけどね (^_^;

|

« pomeraのいいところとそうでないところ | トップページ | ATOKユーザ辞書の整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9082/44261528

この記事へのトラックバック一覧です: Toodledoのフォルダとタグの使い分け:

« pomeraのいいところとそうでないところ | トップページ | ATOKユーザ辞書の整理 »