« iPhone Configuration Utilityで遊ぶ〜その2 | トップページ | iPhone Configuration Utilityで遊ぶ〜その4 »

2009.03.05

iPhone Configuration Utilityで遊ぶ〜その3

ようやく本題です (^_^;

今回はとりあえずパスコードに英字を使えるようにするのを目標にしたいと思います。

まず,起動して,左側の「構成プロファイル」を選択し,左上の「新規」ボタンを押すと,下のような画面になります。

そこで「識別名」と「説明」はどんな場合でも入れなければなりませんので,適当に「識別名」は“pass.profile”,「説明」は“パスワードの英数字混在化”とでもしておけばよいでしょう。他に「プロファイル名」も“pass”と付けておきます。

つぎに,「パスコード」タブをクリックすると,「構成 パスワードポリシー」という表示が出ますので,「構成」をクリックすると,下のような画面に遷移します。

ここで,「デバイスのパスコードが必要」をチェックし,以下は好みで設定してください。ここでは「単純値を許可」のチェックを外し,「英数字の値が必要」をチェックしたうえで,「最小のパスコード長」を“4”,「自動ロック(分数指定)」を“1”,「失敗再試行の最大数」を“10”にしました。

ただ注意が必要なのは,パスワードでロックするということは,解除できない(パスワードを忘れた)場合,データが消される可能性があるということ。くれぐれも自己責任でお願いします。私はその不安があったため,再試行の回数をデフォルトと同じ10回に設定しました。1回でアウトなんて信じられないですから。

ようやく設定が終わりましたので,ここで書き出しを行います。左上の「書き出す」をクリックすると,ファイル保存のダイアログが出てきますので,適当なファイル名をつけて保存します。仮に“pass”という名前で保存すると,“pass.mobileconfig”というファイルが作成されるはずです。

これでようやく構成ファイルが作成できました。後はこれをiPhoneに読み込ませるだけですが,それは次回。

|

« iPhone Configuration Utilityで遊ぶ〜その2 | トップページ | iPhone Configuration Utilityで遊ぶ〜その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9082/44246662

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone Configuration Utilityで遊ぶ〜その3:

» iPhoneのプロファイル作成 [fuita report]
ポッドキャスト番組 apple clipで iPhone のパスコードを 4桁の数字だけから、英数字の入ったものに変更できると聞いて さっそく探してやってみました。 参考にしたのは、デジタルとアナ... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 21:53

« iPhone Configuration Utilityで遊ぶ〜その2 | トップページ | iPhone Configuration Utilityで遊ぶ〜その4 »