« iPhoneをGPSロガーとして使う(2)〜概説編〜 | トップページ | ToDoの管理〜測量野帳からRememberTheMilkへ »

2009.01.26

iPhoneをGPSロガーとして使う(3)〜iTrailの基本的な使い方〜

昨日の比較検討の結果,GPSのログを取り出すことを目的とするなら,iTrail一択であると書きました。それでこの数日iTrailを使ってみましたので,それをもとに気づいた点などを。


iPhone 3G

簡易モードでは現在の速度や距離などを知ることはできますが,ログを保存することはできませんので,下の「新規経路」をタッチして,新しく経路を作成しなければなりません。


iPhone 3G

ここで,「経路作成」をタッチすると,下の画面に遷移します。なお,「活動形態」は「設定」でデフォルトを変更できますし,この画面でも変更可能です(それにしても「活動形態」って訳は堅いですね (^_^; )。


iPhone 3G

「開始」をタッチすると,ログの記録開始です。「設定」でログを記録する間隔を5秒,10秒,20秒,30秒,40秒,50秒,60秒から選ぶことができますが,これはバッテリーのもちにもかかわってきます。私はさしあたってまだ遠出をしていませんので,5秒に設定しています。


iPhone 3G

ログを取りはじめると,このような画面になりますが,ここでiPhoneをロックするとログの取得ができません(iPodで音楽を聴いているとログを取ることができるようです(未確認))。そこで,左下の鍵印をタッチしてiTrailのロック機能を利用すると,画面をタッチしても反応しなくなります(ただしHomeボタンとロックボタンには反応するので注意)。

ロック画面に遷移すると,画面の明るさを調節できるようになります。暗くしておけば,その分バッテリーのもちがよくなるというわけです。


これが基本的な動作になります。

|

« iPhoneをGPSロガーとして使う(2)〜概説編〜 | トップページ | ToDoの管理〜測量野帳からRememberTheMilkへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9082/43858480

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneをGPSロガーとして使う(3)〜iTrailの基本的な使い方〜:

« iPhoneをGPSロガーとして使う(2)〜概説編〜 | トップページ | ToDoの管理〜測量野帳からRememberTheMilkへ »